復縁その後の注意点

復縁が成功した!これはとても素晴らしいことですが、復縁してからが本当のスタートです。復縁した後は続かないって本当?でお伝えしたように、せっかく復縁したのに長続かない人が多いです。ちゃんと続くには努力が必要なのです。今回は、復縁した後に注意したいことなどをご紹介します。


 

同じことを繰り返すパターンが圧倒的に多い

復縁した後、半年以内で、同じような理由で振られてしまう人がめちゃくちゃ多いです。

「冷めた」「他に好きな人が出来た」「異性として見れなくなった」というような類の別れの理由の場合は特に繰り返しやすいです。

また、相手の性格で見ると、流されやすく優柔不断な場合はこういうことが多いです。

同じことを繰り返すか否かの一つの重要な基準は、復縁後も緊張感をある程度保つことが出来ているかどうか。です。

 

前の付き合いと、今の付き合いでは、何が変わったのか。

以前お付き合いしていた時の関係と、復縁後の関係で「何が変わったのか」ということに注目しましょう。

前と同じじゃダメなんですよ。前よりも良くならなきゃ。

復縁と言うと、前と同じように戻す。というようなイメージをされる方が多いですが、

前と同じに戻ったらまた別れちゃうわけですから、前と同じじゃダメなんですね。

以前の関係よりも、今の付き合いのほうが良くなったね。とお互いに思えるような変化があるのかどうかを、いま一度しっかり向き合いましょう。

 

勢いで復縁すると危険性がUP

相手が復縁を申し込んできたら、最低でも1日〜2日は結論を出さないようにするべき。

というのは、復縁の定説ですが、

相手がその瞬間の感情で復縁を申し込んできたり、

あなたがすぐに復縁に応じたり

というような形は、出来れば避けたほうが良いです。

今のこの瞬間の感情を満たしたい。というような視点で復縁を決めてしまうと、この瞬間の感情を満たしたら、復縁の意味や意義が薄れますから。その後、すぐに破局の危機が訪れがちです。

 

まとめ

復縁してからが本当の勝負です。

お互いに、復縁して良かった。と思えるような、新しい二人の形を作れるように、適度な緊張感を持ちながら、交際をしていきましょう。


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ