「よりを戻したい」を叶える7つのアドバイス

よりを戻したい。と思っている方は必見。今回はよりを戻したいと思っている方の代表的な7つの質問にズバリ回答します。悩みを吹き飛ばして、前向きに行動するためにこの記事をぜひご覧ください。


 

Q1、彼氏とよりを戻したいけど、どうすればいい?

A、彼氏とよりを戻したい場合、男性心理をどれだけ逆手に取れるかが重要です。

分かりやすいポイントを言えば、追いかけず、追いかけさせる。

これに限ります。冷却期間を置く場合も、追いかけさせたまま冷却期間に入ると良いのです。

決して自分の価値を下げず、都合の良い女性化せず、自信を持って行動することが最も大切なことです。

参考記事↓

元彼の心をグッと掴む復縁メールまとめ

男性心理を利用した冷却期間の置き方

冷却期間を置いて元カレと復縁する為の5つのルール

 

Q2、彼女とよりを戻すにはどうすればよいか?

A、変わって今度は男性向け。

女性心理は非常に直接的で分かりやすいので、シンプルに彼女にとって自分が「魅力的」か「魅力的ではない」か。

これが全てです。

変わるしかありませんし、自分が最も相手にとって魅力的に映る行動、態度、言葉を研究するべきです。

冷却期間は女性が復縁を目指すよりも長めになりますし、難易度も高めです。

それ故に、計画・努力・行動。この全てを手を抜かずにやっていくしかありません。

参考記事↓

元カノと復縁する為の冷却期間

男の復縁メール

【男向け】復縁のための冷却期間の置き方

女性とメールで復縁する為には共感共有がポイント!

 

Q3、よりを戻したいけど、どれくらいの期間が必要ですか?

A、よりを戻すために冷却期間を置く事が基本です。

よく、どれくらい置けばよいか質問されるわけですが、人それぞれ。ケースバイケースです。

置かなくても平気な場合もありますし、2年くらい置いたほうが良い場合もあります。

具体的にどの程度置けばいいのかを、解説した記事がいくつかありますので、目を通して頂ければ幸いです。

参考記事↓

冷却期間の期間の見極め方

冷却期間を置いて成功しやすいケース

冷却期間は何ヶ月が良いか?

冷却期間を不要にする為にすること。

 

Q4、よりを戻したいけど、どんなメールを送ればいい?

A、メールに関する質問を頂くことも多いですが、相手がメールが大好きで毎日何十往復もメールをするような方でなければ、

メールなんてアポ(約束を取る)以外にする必要はないです。

メールは恋愛感情が伝わりやすいですし、大した情報量はないので、何往復もメールしたって復縁は進展しません。

100通メールをするより、3分会って話したほうが圧倒的に情報量は多いですし、相手に与えられる影響も多いです。

また、メールでいい感じになったとしても、会って失敗すれば意味はなし。

あくまでも、会った時にどんな印象を与えられるかが大事です。

その時に良い印象を与えられれば、相手からメールが来るようになるでしょう。

メールをして好きになってもらう。復縁を進展させる。

というのは考え方として間違っているのです。

会って、相手の心をこちらに引きつけたから、メールが来るようになる。それによってメールで駆け引きが出来るようになるわけです。

冷却期間明けのメールと、誘い方のメール以外は、基本的にはしなくてOK。考える必要も悩む必要もありません。

参考記事↓

復縁したいならメールを待つ姿勢が大事。

冷却期間後の復縁メールの決定版

復縁メールのきっかけ5選

 

Q5、手遅れになる前によりを戻したいけど、何をしていいか分かりません。

A、手遅れになる。というのは相手が結婚する。だとか、相手に新しい彼氏や彼女が出来たら。ということだと思います。

ただ、相手に新しい相手が出来るのは止めることは出来ません。

こちらが出来る事は、冷却期間を短くする。

これだけです。

その為には、下記の記事が参考になります。ポイントは、錯覚と努力です。

参考記事↓

冷却期間が短い場合でも復縁は可能です。

 

Q6、ヨリを戻したいので具体的な作戦を教えて下さい。

A、作戦は、人それぞれなので、別れから今の状況、別れまでの経緯、相手の性格が分かる印象的なエピソード、別れの原因。

ここまで教えて頂ければ、個別具体的に作戦や戦術をご提案することが出来るでしょう。

逆に言えば、

相手の性格・心理、別れの理由と経緯、付き合いの中での別れの理由以外の問題点、別れてからの経緯から、現状に対する分析が出来なければ、作戦なんて立てようがない。ということです。

特に、相手の性格や心理を理解していないと、話になりません。

あなたは、ちゃんと相手の性格や心理を理解することができていますか?

何をすれば相手はドキドキするか。

これくらいは理解していないと、復縁なんて絵に描いた餅です。

 

Q7、よりを戻したいけど誰に相談すればいいですか?

A、相談相手はなかなか難しいですよね。大概の友人は、復縁を応援してくれないでしょう。忘れちゃいなよ。というようなアドバイスをされるのが関の山です。

そして、一人で抱え込んでしまって、ストレスを溜めてしまい、マイナスへマイナスへ考えるようになってしまう。というような方が多いです。

結論を言えば、このサイトなどを参考にして頂いて、自分なりに情報を整理して、一人で戦う。

もしくは、復縁の専門家に相談するのが一番です。気になった方はこの記事の下からご相談下さい。

 

共通の知人に相談して、それが相手にバレて、警戒されるようになってしまった。というような事も結構あるので、もし共通の友人に相談する場合は、その友人が私と相手のどちらに味方する人か。をちゃんと見極めた上で相談をするようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。

よりを戻したい場合は、今回ご紹介した7つのアドバイスを参考にして頂ければと思います。

よりを戻すのは難しいと考える人が多いと思いますが、最も難しいのは、あなたが変わること。前を向くことです。

それさえ出来れば、復縁の可能性は間違いなく高まります。

大丈夫。きっと、あなたなら出来ます。


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ