自分が振った場合の復縁

自分が振ってしまった元カノ元カレに対して「やっぱり復縁したい」と思った場合、どうすればいいかを解説します。結論を先に言えば、冷却期間は必要なし。とにかく、今すぐ行動です。


 

自分から振ってしまった場合の復縁方法はシンプル

自分から振ってしまった場合、復縁方法はシンプルです。

今すぐ、振った彼女や彼氏にメールでも電話でも会ってでもいいので、やり直したい気持ちを伝えるべきです。

なぜ、今すぐなのか?

これは答えは簡単です。

遅くなれば、遅くなるほど、相手は別れを受け入れ、あなたを忘れようとし、他に目が向いてしまうから。

 

ロンブーの淳の復縁方法に学べ。

ロンドンブーツ1号2号の淳さんは、自分が「あなたと付き合っていると芸人としての鋭さやトゲが無くなってしまう」というような理由で、同時付き合っていた彼女カナさんを振りました。

しかし、その後、淳さんはカナさんに対する未練が芽生え、復縁するために行動しました。

何をしたのか?

それは、猛アピールです。

振った側が復縁のためにやらなきゃいけないのは、振った理由はもうない。もう振らない。ということを全力で証明するということ。

 

相手は、あなたが思っている以上に、振られた理由を気にしています。それは当たり前です。自分を否定された理由ですから。

また、別れの理由がある限りは、付き合ったって同じことの繰り返しでしょう。と思ってしまうわけです。

 

ですから、あなたは、猛烈なアピールによって、どれだけ自分が真剣か。もう同じ過ちを犯さないのか。また、別れの理由は解決している。ということを伝えなければいけません。

 

淳さんの場合は、半年間無視されましたが、メールをし続け、彼女の名前を毎日習字で書き続け、というような泥臭い行動をしました。

これによって、自分はもうカナさんを振ったりしない。別れの理由も解決している。ということを証明していったわけです。

一見、ストーカーのような行動ですが、カナさんの中にも淳さんへの未練はあったと思いますし、カナさんはナルシスト的な男性や情熱的な行動を許容できる人だったので、こういった行動が功を奏したと言えるでしょう。

 

別れの理由や相手の性格によっては、同じような事をしても、引かれます。

 

大事なのは、どうすれば相手に自分の本気が伝わるか。ということ。

真似ではなく、あなたにしか出来ない、あなたなりの行動をしましょう。

 

こんな記事読んでる場合じゃない。今すぐ振った元カレや元カノへ連絡を。

さて、もう結論は伝えました。

こんな記事読んでる暇はありません。

今すぐに、あなたは復縁したい元カレや元カノに対して、メールやLINE、電話をしましょう。

そして、出来れば会って、自分が間違っていた。ということを、自分がどれだけ相手のことが好きか。ということを伝えましょう。

 


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ