手に入りそうで入らない距離の作り方

手に入りそうで入らない距離を作るにはどうしたらいいんだろう。考えてもいまいちピンと来ないよ。という方は多いのではないかと思います。今回は、手に入りそうで入らない距離の作り方を徹底解説します。なかなか関係が進展しない。という方はぜひ参考にして下さい。


 

手に入りそうで入らない距離が付き合ったり復縁する為に必要な理由

なぜ、人は付き合おうとするのか。

これを考えれば自ずと、手に入りそうで入らない距離感が必要な理由が分かります。

付き合う。というのは、所有しあう事を意味します。

お互いに、あなたは自分のもので他の誰にも渡さない。という約束をするわけです。

つまり、「自分のものにしたい」「他の誰にも渡したくない」という欲求が強くなれば強くなるほど、「付き合いたい」と思うわけです。

付き合う前から、「俺のことが好きなんだな。」と確信させてしまうと、「自分のものにしたい」とも「他の誰にも渡したくない」とも思いにくいわけです。

・いい感じなのに、いつになっても告白してくれない。

・都合のいい関係から進展しない。

こういった状況が起きる要因は、「まあ、今のままでも俺のモノだし、焦って付き合う必要もない。」くらいに思われてしまっているからです。

 

ですから、「届きそうで届かない距離」「手に入りそうで入らない距離」をキープしつづけることが、相手に「付き合いたい」と思わせるために、絶対不可欠なのです。

 

特に、復縁の場合は、慎重になりますから、焦りや危機感を感じさせないと、思うように関係が進展しません。ですから、この事を特に意識する必要があります。

 

押して引く。というような単純なものではない。

で、手に入りそうで入らない距離感を意識している方の多くが実践しているのは、いわゆる駆け引き。押して引くというようなものです。

これ、3割くらいは正解なんですけど、7割は間違いです。

押し引きの場合、好意があるように見せつつ、好意がないような対応をする。というのが常套手段だと思います。例えば、

・飲みに誘って好意を示すが、異性の話をして好意がないような見せ方をする。

みたいな感じのやり方ですね。

 

実は、これでは、届きそうで届かない距離、手に入りそうで入らない距離は作ることは難しいです。

好きだけど好きじゃない。

こういった見せ方は、相手は混乱します。頭の中が整理出来ないですから。下手をするとショックを受けさせたり、怒りを感じることもあります。

「なんだよ。思わせぶりかよ。期待して損した。」

「もしかして駆け引きしてんのか?そんな手には乗らないぞ。」

みたいなね。

 

既に相手はこちらに好意を抱いていて、尚且つあなた本人のコミュニケーション能力が高く、相手の心理を理解し心理をコントロールする事が出来る人なら、こういったやり方でも「手に入りそうで入らない距離」を作ることは出来ると思いますが、これは個人のスキルに大きく左右される属人的なものです。

自信があるならいいですが、自信がないなら、辞めた方が良いでしょう。

 

「大好き!」だけど期待しない。特別扱いしない。が正解。

褒めたり尊敬を伝えるのは、ガンガンするべし。

さて、じゃあどうすれば、誰でも「手に入りそうで入らない距離」を作ることが出来るか。

その答えは、「大好き!」だけど期待しない。特別扱いしない。です。

復縁を目指すなら未練を伝えちゃいけない。というような事の本来の意味を知らずに、とにかく自分の相手に対する好意を隠して素っ気なく対応してしまう方が居るのですが、

復縁を目指す場合、相手への好意は表現しても全く問題ありません。

好意って他の異性の友達にも同性の友達にも伝えたりするでしょ?

あなたにも、大好きな友達って居ますよね?

「◯◯ちゃんってほんとセンスいいよね!いつも参考になる!」

「◯◯君ってほんと頭いいよね。めっちゃ尊敬する!」

こういう言葉で、好意を伝えることってありますよね。

こういった、相手を褒めたり、尊敬を伝えるようなことをしても、未練とか所有欲や独占欲のような恋愛感情は伝わりません。

だから、こういった好意の表現はガンガンしてOKです。むしろするべき。これをすることで、手に入りそうだな。と思わせる事が出来ます。

 

相手に対して、期待や求めることは絶対にしない。

あなたの恋愛感情や未練は、相手に期待したり相手に求めたりする事で伝わります。

具体的にどういう事かというと…

 

・相手と話すのに過剰に緊張する。

相手に期待しているから緊張してしまうのです。適度に緊張するくらいなら構いませんが、明らかに相手に緊張してるな。と思われるくらいだと、「俺のことまだ好きなんだな」というように、思われてしまいます。

 

・気を遣いすぎる。

相手の気持ちを敏感に察しすぎるのは、相手に期待しすぎている証拠です。期待しているから相手に配慮しすぎて気を遣いすぎるわけです。必要なことはするべきですが、不必要な事はしないでOK。堂々と接しないとダメです。

 

・寂しさや辛さが伝わる。

元カレ元カノ)に、「じゃあ、おれそろそろ帰るわ。」と言われたりした時に「寂しい」と感じ、動揺してしまい、相手にその感情が伝わってしまえば、「俺のこと好きなんだなあ」と思わせてしまうでしょう。

 

こういった事で、相手に恋愛感情や未練が伝わってしまいます。

これでは、あなたは追いかける側、相手は追いかける側になってしまいます。

 

特別扱いしない。

ですから、相手のことを特別扱いしなければいいのです。他の大好きな異性の友達や同性の友達のように接すれば良いのです。

あなたのことは大好き!でも、私のものじゃなくて平気。

というようなスタンスで接することで、「手に入りそうで手に入らない距離」を作ることが出来ます。

 

まとめ

いかがでしょうか。

手に入りそうで入らない距離というのは、大好きだけど期待もせず、求めず、特別扱いしないことで作ることが出来ます。

これを徹底的に守ることで、相手が追いかけてくれる状況を生み出すことが出来るでしょう!


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ