復縁が苦しいという方へ

復縁が苦しい。という方は沢山居ますし、そのことは復縁経験者の私も良く理解しているつもりです。

傷つくことも多いですし、目を背けたくなるような現実と向き合うのは、相当メンタルを消耗しますから。

でも、復縁が苦しいというのは、半分正解ですが、半分不正解です。今回は、復縁が苦しいという方へ向けて記事を書きましたので、ご覧ください。


 

復縁が苦しいんじゃない。失恋が苦しいのだ。

そう。復縁が苦しいんじゃなく、失恋が苦しいんですよね。

失恋の現実を受け入れることが出来ず、消化しきれていないから苦しいわけです。

復縁を目指すのであれば、この失恋の苦しさを克服しなきゃいけません。

その為には、別れた現実を受け入れなきゃなりません。

これがキツいんです。

自分の悪い部分、ダメな部分を認めなきゃいけませんし、自分は、相手にとって最適なパートナーではなかった。ということを認めなきゃならないですから。

でも、これさえ出来れば、復縁の苦しさはかなり軽減します。

 

いつまでも辛い。と思っている人は、依存しすぎ。

別れてから1ヶ月〜3ヶ月くらいは、誰もが辛いものです。

でも、3ヶ月以上経っているのに、別れた頃と同じくらい辛いと思っているのであれば、それは、あなたが現実逃避をしている証拠。

厳しい言い方をすれば、あなたはラブラブだった頃の二人の記憶に縋り、自分のことが好きだった彼(彼女)に依存し続けているのです。

この状況のままでは、いつまで経ってもあなたは辛いままです。

別れてしまった現実を受け入れ、失敗した事を認め、その上で、自分がどうするか。という所にまずは立たなきゃダメです。

 

焦る必要はない。少しずつでもいい。

ただ、苦しさを誤魔化すことは出来ません。

ゆっくりゆっくり日々の積み重ねの結果、徐々に苦しさから解放され、前向きになってくるものです。

焦ってもどうしようもないですから、まず、別れの原因・自分の何がダメだったか。自分がどう変われば、彼(彼女)を幸せに出来る人間になれるのか。ということを考え、実行に移していきましょう。

 

まとめ

失恋の苦しさを消化して、はじめて復縁のスタートに立ったと言えます。

ですから、失恋の傷を負っている状態というのは、まだあなたは復縁のスタートにも立っていないと言えます。

まずは、スタートラインに立つ為に、自分自身と、相手と、真正面から向き合う事から目を背けないようにしましょう。


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ