復縁の兆候を見逃すな!

復縁には、復縁の兆候というのがあります。復縁のチャンスというやつです。人の気持ちは移ろいやすいですから、チャンスだな。と思ったら一気に畳み掛ける事が重要です。

行動が遅れて相手が冷めてしまったら勿体ないですからね。今回は、復縁の兆候を見極める方法や、実際にどう行動するべきなのかを解説します。


 

復縁の兆候の見極め方

復縁の兆候をどう見極めるのか。これは単純です。

相手からのアクションが増えたかどうかです。

復縁したい元カレからメールが頻繁に来るようになった。

復縁したい元カノから誘いが来るようになった。

というように、相手からのアクションが増えたかどうかで判断します。

相手からのアクションを増やすための施策をしないと、兆候を見極めることは出来ない。とも言い換えることも出来ます。

メールするね!じゃなくて、メールしてね!

誘うね!じゃなくて、誘ってね!

というように、常に相手を動かすように誘導していきましょう。

 

寂しさを感じれば、文句なしにGO!

あなたが、「◯◯しない」ことで、相手が寂しそうにしていれば、もうイケると判断して構いません。

・長く一緒に過ごさない

・長く電話しない

・メールの返事をしない

・会わない

などなど。

こういった対応をした時に、相手が寂しそうにしていたり、寂しいと言っていた場合は、文句なしです。

確実にこちらに対して恋愛感情はあります。

 

兆候を見極めたら、どう行動する?

さて、復縁の兆候、チャンスだな。と思ったら、具体的にどう行動すればいいか。

これは、相手の性格や状況によって様々なので、

一言で、こうしろ!

とは言えないのですが、

相手が男性の場合は、「告白すれば付き合えそうだけど、今、告白しないとどこかにいきそう。」というような状況を作り出しましょう。

具体的に言えば、相手に対して好意を伝えて「脈アリだよ」アピールはするけど、すべての行動は把握させない。連絡が取れない時間、期間を作る事によって、異性を匂わすなど。

相手が女性の場合は、ガンガンいくべし。片思いの時と同じです。


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ