別れ回避の法則!

彼氏や彼女の雰囲気が怪しい。これは別れの危機かも。でも、絶対に別れたくない

そんな状況の方の為に、別れたくない場合に何をすれば別れを回避できるのかを徹底解説します。今の状況を打開したい人、必読ですよ!


 

別れを回避するとは心変わりさせること。

別れたくないと言って、相手に対して激しくすがってもうまくいかない事が多いです。

むしろ、別れたいと思っている相手に対して、別れたくないと強く言えば、相手の気持ちは更に強く固まってしまいます。

簡単にいえばこんな感じ↓

 

彼「別れたいんだ(傷つけてしまうだろうな。申し訳ない本当に。)」

私「いやだよ。私は別れたくない。」

彼「これこれこういう理由でもう付き合っていけないんだ。(申し訳ない。どうか分かってくれ。)」

私「そんなの無理だよ!私は絶対に別れたくない。」

彼「そんな風に言われても別れる以外の選択肢は考えられない。(どうしたら分かってくれるんだよ。)」

私「悪いところは直すし、別れるなんて言わないで。お願い。」

彼「俺が冷める前に自分で気づいて変わって欲しかった。もういまさら無理なんだよ。(あーもう面倒だ。)」

 

別れたいと言っている相手に対して、相手の意見を受け入れたり尊重したりせずに、自分の意見や別れたくない意思をぶつけるだけだと、相手の別れたい。という意思は更に強くなってしまうのです。

 

別れを回避したいのであれば、彼(彼女)の“気持ちを変える”ことが必要です。

「別れたい」と思っている彼(彼女)に、「やっぱり別れたら寂しいな。」「もう会えないのは辛いな」というように思わせるにはどうしたらいいか。

という視点で、考えていく必要があります。

決して自分の気持ちばかりを相手に押し付けないようにしましょう。それでは相手の気持は変わりません。うまくいきませんから。

 

相手に「やっぱり別れたくない」と感じさせるには?

「別れたい」と思っていた彼氏や彼女の気持ちを変えて「やっぱり別れたくない」と思わせるにはどうしたらいいか。

これには、いくつかのコツがあります。

今回は、最も大事なポイントを3つご紹介します。

 

1、別れの理由を正直に言わせる。

前述したように、相手の別れたい意思を否定するのは絶対にやってはいけません。相手の意思を受け入れた上で、自分の意思を伝えるようにしましょう。

相手の意思を否定したり、あなたが感情的に対応すれば、相手は嘘をつきます。あなたを論破したり、あなたを納得させたり、あなたの感情を鎮めることが目的となってしまうからです。

こうなってしまうと、別れの回避はかなり難しくなります。相手は演技をしてしまいますから、感情が動きにくくなってしまうのです。

相手には、正直に別れの理由を言ってもらえるように、前半は聞き手に徹しましょう。別れたくないとかそういう感情を出すのは、彼が正直に話した後です。

それまでは、冷静に、感情を出さず、気丈に振る舞うようにしましょう。

 

例)

彼「別れたいんだ(傷つけてしまうだろうな。申し訳ない本当に。)」

私「そっか。何が決定的な理由だった?」

彼「うーん(なんて言えば、傷つけなくて済むかな。)、ドキドキしなくなった。っていうのが大きいと思う。(申し訳ない。)」

私「そうかあ。いつくらいから感じてたの?きっかけとかあった?」

彼「1ヶ月位前からだね。キッカケとかはないんだけど、いつの間にかって感じで。」

私「そっか。言い出すにの結構躊躇してたりした?(笑)」

彼「まあね…。」

私「正直ね、私に対して冷めてるのかなって、なんとなく感じてたんだよね。でも、私も怖くて言い出せなくて。」

彼「そうだったんだ。」

私「ドキドキしなくなった理由って、ぶっちゃけ何?」

彼「うーん、そうだなあ。」

 

こんな感じで、冷静に対応していきましょう。

相手の気持ちを受け入れ、更に質問していく。

こうしていくことで、相手に「嘘をつく必要はない」と思わせていきましょう。

ここで、本音で語ってもらえるかどうかが、その後の展開を大きく左右させていきます。

 

2、別れたくない。という自分の気持ちを率直に伝える。

1で、彼や彼女に、率直に別れの理由を話してもらいましたね。

(この時、あなたの中にも疑問を残さないように、小さな疑問もちゃんと質問をして聞きましょう。)

別れの理由を受けて、それを踏まえて、自分の別れたくないという気持ちを伝えて下さい。

具体的に言うと

 

・相手に別れたいと言われて、感じたこと。

・彼の別れの理由を受けての、反省点。自分の何がいけなかったか。ということを話して謝罪。

・自分の別れたくないという気持ちを話す。自分にとって相手がどれだけ大切かを話す。

・別れの理由を改善していきたい。という気持ちを話す。

 

この4つを話すと良いでしょう。

この前に、別れの理由を嘘つかれてしまうと、この話が全く相手に伝わらないのは、よくわかると思います。

泣きながらこっちが、変わるから〜。と言っても

「その理由は嘘なんだよね…。それ変わられても無理なんだよなあ…。」

と、こんなふうに思われてしまうわけです。

 

また、この時は、前提として、「あくまでも私の気持ちを話す」「あなたが別れたい。という気持ちを伝えてくれたように、自分が今の気持ちを率直に話す」というテイで語るようにしましょう。

 

3、一週間の冷却期間を置く。

これが最も重要です。

基本的に、別れを切り出して、別れをあなたが受け入れてから、相手の中に未練が芽生えるのです。

別れを切り出している時に未練が芽生える人はなかなかいませんし、そんな人が居たら情緒不安定すぎてちょっと信用出来ないですよね。

相手の中に未練が芽生えれば、あなたとの別れを後悔する可能性が高まります。

 

最も理想的な流れは

別れ話をする。

家に帰ってから、寂しくなって、やっぱり別れたくないなあ。と思わせること。

 

ですから、相手が家に帰る時には、別れを受け入れている必要があります。もしくは、もうあなたが別れを殆ど受け入れた状況である事が必須です。

 

なので、別れ話の時は、

 

私「気持ちは変わらない?」

彼「うん。ごめん。」

私「そんな、謝ったりしないで(笑)何も悪いことなんてしてないじゃん(笑)」

彼「まあ、そうかもしれないけど…。」

私「とりあえず、返さなくちゃいけない荷物とか沢山あるし、1週間後にもう一度会わない?今日は突然だったから、色々テンパっちゃったけど、この1週間で気持ち整理してくるよ。」

 

こんな感じで、別れているような、別れていないような、微妙な感じで、1週間後くらいに会う約束をしましょう。

 

これが、基本的な別れの回避の方法です。

 

1週間で自分磨きしまくる。

出来る事は全てしました。

相手の中に、あなたへの未練が芽生えて寂しくなっている可能性は比較的高いです。

後は、1週間後に会った時に、「最強の自分」で会うことです。

冷却期間による相手の心理変化についてでもお伝えしていますが、最後に会った時の印象が、その後相手と復縁できるかどうかにとって非常に大事なポイントになりますし。

そして、この時は、付き合っている頃と変わらないような対応をして下さい。

荷物を返しに行くんだけど、雰囲気はとてもラフで仲の良い感じ。

これがとても重要。

 

なぜなら、その後、帰り際に

「今までの感謝」の手紙を渡すからです。

 

感謝の手紙は、あなたのこんな所が大好きだった。あなたのこんなところに感謝している。今までありがとう。というような、ケジメの内容です。

 

気づいた方も居ると思いますが、

これをすると、自分が振った感じに限りなく近くなってます。

 

普段と同じような明るい対応をしたからこそ、これからも一緒に過ごすような印象を相手に与えます。そして、手紙の内容でキッパリ相手を忘れようとする姿勢とのギャップを利用して、相手のあなたへの未練を最大限に大きくするのです。

 

このことは、下記の記事が参考になると思います。

冷却期間が短い場合でも復縁は可能です。

 

まとめ

ここまで出来ると、別れの回避の可能性は最大限高めることが出来ます。

いま出来る事は全てやった。というような感じですね。

また、もし別れの回避が出来なかったとしても、このような別れ方をしておけば、その後の復縁につなげることが出来ます。

別れを回避したいのであれば、まずは最低でもこれをやるようにしましょう。


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ