別れを諦められないならコレをやるべし!

別れてしまったけど、諦められない。どうしても、よりを戻したい。そう思う場合にやってほしいこと。覚えておいて欲しいことを解説します。


別れの直後ならこれをやろう!

いま、あなたが別れの直後である場合、忘れ物の受け渡しなどで最後に会う機会を作りましょう。そこで、明るく普段通りに対応し、今までの感謝を伝えましょう。重くなっても大丈夫そうな相手・シチュエーションなら、口頭ではなく感謝を書いた手紙を渡しましょう。

最後の印象が良ければよいほど、復縁の可能性は高くなります。

最後に、付き合ってよかった。出会えてよかった。なんていい子なんだ。というように、別れをちょっとでも後悔させるために、最後は相手に感謝して終わるようにしましょう。

会えない場合は、メールでもOKです。

別れの直後に感謝をする場合に参考になる記事↓

別れの時にありがとうを言ったほうが相手は別れを後悔する件

最強の復縁メールの例文

 

その後の冷却期間の事は下記で予習しておきましょう。

冷却期間による相手の心理変化について

 

冷却期間の考え方

別れてしまった後、再会して再び恋愛関係になるために、時間をあける必要があります。

これを冷却期間と呼びます。

冷却期間は、相手のあなたへの悪い印象を忘れさせる。マンネリ感を払拭する、そしてあなたが変化し成長する期間です。

では、どの程度冷却期間を置けばいいのか。これは、相手の性格、別れの理由、別れの経緯によって様々です。

具体的な冷却期間の決め方は、下記の記事

冷却期間の目安の考え方

を参考にすると良いでしょう。

 

自分磨きが復縁の鍵

別れた後は、とにかく自分磨きです。

次に会った時に、相手をギャフンと言わせる。ひと目見ただけで惚れさせてやる。

そんな気合を入れてやりましょう。

基本的な考え方は、自分の弱い部分、ダメな部分を改善し、自分の中にある相手にとって魅力となるもの、つまり武器を更に磨くということが重要です。

冷却期間の自分磨きの方法【決定版】

を参考にしてみましょう。

 

再会からはスピード勝負。

再会して、復縁するまではスピード勝負です。

あまり時間をかけていられないので、一つも無駄なことをしないように、綿密に作戦を練りましょう。

連絡の再開の仕方は下記を参考に。

冷却期間後の復縁メールの決定版

 

デートの誘い方については

会う為の復縁メール

復縁したい相手をメールで食事に誘う正しい方法

を参考にすると良いでしょう。

 

どんなデートをすればよいか?

さて、実際に元カレ元カノと会うことが決まったら、何をすれば良いでしょうか。

上でも言ったようにスピード勝負。

駆け引きや、押し引きを意識して、相手の心理をぐわんぐわんを動かす事が出来るかどうかが、復縁成功の鍵です。

駆け引きなんて私には出来ないよ。と思う方も居ると思いますが、そんなに難しいことではありません。

相手を意識しすぎないこと。

これが出来れば勝手に駆け引きになります。

詳しくは下記を読めば深く理解することが出来るでしょう。

復縁を前進させるデートテクニック

復縁したい元カレとデートする時にしておいた方が良いこと

 

まとめ

別れても諦められない場合、今回ご紹介したような流れで復縁を目指していきましょう。

不安な場合は、今の状況を書いてメールすれば、専門家が復縁成功までのアドバイスしてくれるサービスがありますので、下記からご利用下さい。

復縁は難しいのかな。そう思っている方が多いと思いますが、決してそんな事はないです。

それに、復縁を目指すということは、自分の悪い部分を直視し直す。そして自分の良い部分を再確認し伸ばす。という作業をすることです。

これは、自分自身を成長させる大きなきっかけになるはずですから、現実逃避せず、現実を直視した上で、自らを成長させ、そして復縁を自らの手でつかみ取りましょう。


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ