別れの際に喪失感を与える方法

今回は、別れ際に喪失感を与えるための方法を解説します。相手を後悔させるためにも、その後、相手に未練を感じさせるためにも、復縁をするためにも、別れ際に喪失感を与えられるかどうかはとても重要なことなので、よく読んでおいて下さい。


 

振られた側のままでは喪失感は与えられない。

喪失感っていうのは、「もう会えないんだなぁ」「もうメールも出来ないんだなぁ」というように、失ったことを実感し、寂しい気持ちや満たされない気持ちになるから芽生えるわけです。

ですから、喪失感を感じさせるには、振った相手と振られた私。という関係のまま終わってしまってはダメ。

あなたのことを「失った」と強く感じさせるために、「お互いに納得し自分から相手にバイバイを言う」事が必要です。

 

別れ際に喪失感を与えるには、対等の立場になるべし。

一番良くないケースは、

振られたあなたが、最後の最後まで相手を追いかけ続け、相手がそれを振り払うかのように強引に別れる場合。

これがどうしてダメか。というと、相手は「あなたを失った」とは思いにくいからです。

いつでも簡単に戻れそうですからね。

別れたくない!と相手にハッキリ伝えるのは悪いことではないですが、最後の最後まで抵抗し続けるのは絶対にダメです。

相手の気持ちや考えを聞き、自分の意見を伝え、それでも相手が別れを選ぶのであれば、納得しなければいけません。

で、この納得というのがとても大事なこと。

納得する。ということは、相手との別れを受け入れる。ということですから、「自分も相手を振る」ようなもの。

これをすることで、対等に限りなく近い立場で別れることが出来ます。

 

別れに同意した翌日にもう一度会うべし。

これは、出来ればですが、

別れに同意した翌日(もしくは近い日)に、「忘れ物の受け渡し」というような用件で、改めて会うと良いです。

この時に、あなたは割り切って明るく相手と接して下さい。

未練は一切見せずに、今までの感謝の気持ちを全面に押し出して対応して下さい。帰るタイミングは自分で決め、最後の最後まで寂しそうにはせずに対応しましょう。

これが、ボディーブローのように後から効いてきます。

この対応によって、「もう私は別れを受け入れて、あなたに対する未練は一切ない。」という強い意思表示となります。

相手からすると、「別れた後も、いつものような雰囲気で会って会話が出来て、会話自体も楽しい」わけですから、これからも友達のような感じで会いたいだとか、もう少し一緒に居たいだとか、誘いたいだとか、そういう甘えが出て来やすいです。

それを断ち切るかのように、明るく「今までありがとう。じゃあね!」と言って去る事で、相手に喪失感を強く与えられるのです。

「あれ、俺のほうが振られたみたいだ。」

こんな風に思わせられるわけです。

 

これはあくまで一つの例ですが、別れを受け入れた後に、もう一度相手の興味や関心や甘えを引き出した上で、こちらからサクッと相手のことを断ち切る。

ということが出来ると、喪失感を与えやすいです。

 

注意:冷たくするのは逆効果。

振られたのが悔しく、喪失感を感じさせようと、あえて相手に冷たくする人が居ると思います。

これは、逆効果になる可能性が高いです。

その理由は、「これで良かった」と思わせてしまうから。

「冷たくされてしまった。傷つけてしまったなあ。でも、別れるんだし仕方がないよな。」

というような感じで。

そもそも振る方は、振ったことで、あなたが傷ついたり怒ったりするのを、予め想像してますからね。

この想像をいい意味で裏切るのが、相手の感情を揺らす為の基本ですから、相手の予想通りの対応をしてもダメなのです。


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ