「復縁はありえない」と言う心理

復縁はありえない。そう言われたんだけど、復縁は出来るでしょうか?という質問を何度も受けてきました。それだけ、「復縁は絶対にない。」と言う人(特に男性)は多いんですよね。では、なぜ彼(彼女)は「復縁はありえない」と言ったのでしょうか。その心理を解説します。


 

別れ際に「復縁はありえない」と言う心理

一番相談が多いのは、別れ際に言われたパターンです。

これは、相談者が別れ際に、復縁を期待するような事を彼(彼女)に言ったから、「期待するな」「俺は前に進むからあなたも前に進んでくれ」ということを念押しして「復縁はありえない」と言ったに過ぎません。自分の言葉の強度を強めるために、わざわざ復縁を完全否定したわけです。

それだけ、あなたの別れ際の対応がしつこく、未練たらしく、マズかったと言えます。

 

付き合っている時に、「復縁とかありえないよね〜」と言った場合の心理

付き合っている時に、こういう事を言った理由として最も多いのは、「元カノとの浮気の心配はないから安心しろよ」っていうあなたへの愛情表現の一つに過ぎません。

あなたが嫉妬深かったり、束縛が強い場合、もしくは彼が独占欲が強く、嫉妬深い場合などは、結構こういう会話をする事が多いです。

これを真に受ける必要はないでしょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。復縁はありえない。と言うのは、あくまでも手段。それによってあなたに何を伝えたいのか。ということが最も大事なポイントなので、言葉そのものを真に受けたりするのは、良くありません。

特に相手が男性の場合は、言葉や行動は手段に過ぎず、その先に必ず目的があります。

その目的は何なのか。ということを考えることが復縁への近道であり王道です。


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ