冷却期間後にどんな連絡をするべきかノウハウまとめ

冷却期間後の連絡に迷っている方は、まずこの記事をお読み下さい。連絡方法や連絡内容などについての基本をまとめました。


冷却期間後の連絡はメールがいいか。電話がいいか。その他SNSなどがいいか。

冷却期間後の連絡は、メールをする方が圧倒的に多いです。全体の8割程度です。
ただ、だからといってメールがベストかと言えばそんな事もありません。

冷却期間明けの連絡で最も気をつけたいのは、元カレ元カノに警戒されないで普通にやり取りが出来るかどうか。
つまり、自然な流れで連絡が取り合えるようになるかがポイント。
そういう意味では、メールよりもFacebookやTwitterなどのSNSで繋がっているなら、そこで薄くコミュニケーションを取っていった方がより安全だと言えます。

電話は別れ際の関係性が良好であったのであれば、いきなりの電話でも高確率で出て頂けると思いますし、でなければ普通にメールで用件を伝えればいいので、電話だからダメというわけでもありません。

最も重視したいのは、連絡手段よりも、連絡の動機や内容です。
動機や内容さえ相手にとって自然に受け入れられるものであれば、電話だろうがメールだろうがSNSだろうがどんな手段でも問題はないのです。

どんな内容で連絡するべきか。

冷却期間明けの連絡の内容は、事務的な質問やお願いがベストです。
忘れ物のメールなんかも良いでしょう。

ただ、こういった事を言うと、(500円くらいの)ボールペンを返して欲しい。というようなメールを送る方が稀にいます。
忘れ物を返して欲しい。というメールを送る場合、そこそこ高価であったり、そこそこ大事なモノでなければ、逆に不自然になってしまいますので、ご注意を。
詳しいノウハウは下記の記事でご紹介していますので、お時間がある時に目を通しておいて下さい。

 

たいした内容が思いつかない場合は?

さて、事務的な内容のメールが思いつかない場合もあるでしょう。
そういう場合はどうするべきか。

もうこの場合は小細工なしでストレートにメールするしかありません。

ひさびさー!元気してるー?

こんな感じで。
近況をいきなり聞くのはタブー視されていますが、中途半端な質問や無理矢理な質問をするよりよっぽどマシです。

別れ際の雰囲気が酷く悪くなければ、こういった普通の近況伺いのメールでも返事は来ますから大丈夫です。

前述のSNSで薄くコミュニケーションをするのもアリです。まずは「いいね!」をしてみるのも良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。冷却期間明けの連絡は手段よりも内容が大事です。
また、ノウハウ的なものばかりに固執していると、逆にうまくいかない事も多々ありますから、自然さ。というのを特に意識すると良いでしょう。


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ