冷却期間の効果まとめ

冷却期間を置くことにどんな効果があるでしょうか。今回は冷却期間の効果を徹底的に解説します。これから冷却期間を置こうとしている方、また冷却期間を置こうか迷っている方は是非目を通して下さいね。


冷却期間の効果や狙いは大きく別けて4つ。

1、相手が抱いているあなたへの悪い印象を忘れさせる事で、恋愛対象の範囲内に入るため。
相手がネガティブな感情をあなたに抱いているうちは恋愛対象にはなり得ませんから。

2、相手の抱いているあなたとのマンネリ感を忘れさせる事で、ドキドキさせることの出来る状態を作るため。
特に相手が冷めた。とか他に好きな人が出来た。というような場合は、そのままではドキドキさせる事は困難です。相手をドキドキさせる為の適度な緊張感を作る為に冷却期間を置きます。

3、自分自身が落ち着くため。
落ち着いていなければ、余裕を持って自信を持って対応することは出来ません。余裕と自信は実際に相手とコミュニケーションを取り出したのであれば絶対に必要です。

4、自分磨きをして、原因を改善し、新たな魅力を手に入れるため。
別れた原因を改善出来ていなければ、復縁は困難です。別れた原因を改善し、相手に「これだったら復縁したい」と思わせられるだけの変化を手に入れましょう。

冷却期間を置いたほうが良い場合、置かなくて良い場合。

さて、冷却期間の話をすると必ず質問で出ますが冷却期間を置いたほうが良い場合と冷却期間を置かなくて良い場合について解説します。

これは単純明快で、先にご紹介した1〜4を冷却期間をおかずに満たすことが出来るなら、置く必要はありません。逆に冷却期間を置かなければ1〜4の全てを満たすことが出来ないのであれば、冷却期間を置く必要があります。

つまり、
相手は私に対して好印象で、今でも緊張感がありドキドキさせることができて、自分自身に余裕があり、原因は既に解決済。
こういった状況である。
もしくは、メール、電話、SNSでの交流、会う等の行動を通して、1〜4を満たすことが出来そうであれば、冷却期間を置く必要はないです。

1に関しては、謝罪や友人として普通に話せるようになっていく、

2に関しては、駆け引きやあなたの変化によって

3に関しては、紙に書くなどして心を落ち着かせる、一人で抱え込まずに色々な人に話を聞いてもらう

4に関しては、自分磨きによって

冷却期間をおかずにスピーディーに出来る事もありますので、ご自身の立ち位置や環境によって、冷却期間を置かなくても良いかどうかを考えてみましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。冷却期間を置く場合、どうしても後ろ向きというか、「冷却期間を置いて忘れられないだろうか…」というような不安を抱える方が居ますが、冷却期間の狙いは忘れられることですから、そもそもこの不安は間違いなのです。

むしろ冷却期間は攻めの姿勢、つまり、今に待ってろよ。絶対に後悔させてやる!というような気持ちで置くべきです。

忘れさせることも大事な事ですから、これをポジティブに捉えられるかどうかが、実際に冷却期間を置いた時に良い時間を過ごすことが出来るかどうかのポイントです。


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ