冷却期間の終わりに何をすればいいのか解説!

冷却期間を設定して、やっと冷却期間が終わった!でも、冷却期間が終わった後に何をすればいいんだろう…。こんな風にお悩みの方に今回は、冷却期間の終わりのサインについても触れながら、冷却期間の終わりに何をすればいいのかを解説します。


これがあったら冷却期間の終わりのサイン

これがあったら、予め設定していた冷却期間は終わらせても大丈夫だよ。というような例をご紹介します。

一言で言えば相手からのアクションです。

 

・復縁したい相手からFacebookで友だち申請が来た。

・Facebookでいいね!が来るようになった。

・Twitterでフォローされた。

・mixiでマイミク申請が来た。

・相手からメールが来た。

などなど。

 

冷却期間の本当の終わりは相手と話した時。

冷却期間は設定した期間を終えたら終わりって訳ではありません。本当の冷却期間の終わりは、相手と話した時です。

冷却期間を終わらせるということは、相手にメールや電話、フェイスブック等のSNS、ばったり会う等のシチュエーションによって相手とコミュニケーションを取るということなのです。

期間が終わったからと言って終わりではないのです。相手と連絡を取り合って初めて冷却期間が終わったと言えます。

 

では、どのようにして再度接点を持てばよいか?

冷却期間の終わりに相手に連絡する場合の適切な方法は、下記の記事で詳しく解説しておりますので、確認して頂ければと思います。

 

初めて送る復縁メールの注意点

沈黙後の復縁メール

成功する復縁メールのレシピ

 

基本は恋愛感情が伝わらないような事務的な連絡が良いです。

別れ際の険悪度が高ければ高いほど慎重にする必要がありますが、逆に、別れ際がそこまで険悪ではなかったのであれば、普通にメールをしてしまってもOkです。

なぜなら、考えすぎると、不自然な内容のメールになってしまう事が結構あるからです。これは、注意しましょう。不自然なメールは恋愛感情や重さが伝わるメールですから、自然な内容、普通の内容を心がけましょう。

 

まとめ

冷却期間の終わりには、相手に連絡をしてみましょう。Facebookで繋がっている場合は、いいね!をする事からはじめてみましょう。

何も繋がりがない場合は、普通にメールをするのが無難です。共通の知人がいる場合、飲み会などで偶然会う。というようなシチュエーションを作ってもらうのもひとつの方法です。

ただ、考えすぎも良くないですし、メールの場合は送ってみないと相手の状況や相手が自分に対して今どういう印象を持っているのかは分かりませんから、勇気を出して送る。ということが大事です。

不安過ぎる場合は、専門家に相談しましょう。

 

 


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ