職場が同じ場合の冷却期間

職場が同じ場合、冷却期間を置こうにも業務上交流があるので、全く連絡を取らない。というのは無理だから、どうするべきか。話すことはないけど、顔を合わせる場合があるが、冷却期間中なので挨拶はしない方がいいのか。など、悩みが絶えないと思います。

今回は、職場が同じ場合の冷却期間の置き方や考え方を解説します。


職場が同じなら、冷却期間に拘る必要はない。

そもそも、冷却期間の目的は、元カレ元カノに拒絶されず、気まずくなく、普通に会話が出来る状況を作るためです。
つまり、付き合う前に関係性に戻す。ということを目指します。

逆に言えば、この関係性に戻すことが出来るなら、別に冷却期間を置くだけに固執する必要はありません。

職場が同じであれば、会話するチャンス、顔を合わせるチャンスには恵まれていますから、キッカケ一つでお付き合い以前のような関係性に戻ることも不可能ではありませんし、
例えば、相手があなたの未練を警戒している為に、普通に会話することが出来ない場合、通常であれば、連絡を控えることで相手の警戒心を払拭していきますが、職場が同じでコミュニケーションをそこそこ取るような状況であれば、必要以上の会話をせず、サバサバ対応することで、「もう割り切ってるんだなあ。」と相手に感じさせることで、未練への警戒心を払拭する事が出来るでしょう。

職場が同じということは、接触機会に恵まれていますから、それだけ出来ることが多いのです。

ですから、目的である「付き合う前のような関係性で、普通に会話する」ということを最短で達成するために、どんな対応を取れば良いか。ということを、冷却期間だけに囚われず、色々な方法から導き出すべきです。

私の考え方を言えば、職場が同じでそこそこ顔を合わせるのであれば、冷却期間なんて必要ない。と思っています。

別れ際の関係性が劣悪で、別れた後も職場での関係性が最悪な場合については、冷却期間的な対応が必要な場合もありますが、多くの場合はそうではありませんから、冷却期間は必要ないと、普段のアドバイスで言うことが多いです。

 

職場が同じ場合は、気まずさの払拭が最優先

職場が同じ場合は冷却期間を置く必要はほとんどのケースでありません。

では、何をすればいいのか?

まずは、気まずさを払拭できるようにしましょう。

別れた後は気まずい関係性になることが多いですが、気まずいまま同じ職場で過ごし続けるのは良くありません。

まずは、気まずさを払拭出来るように、あなたが割り切った態度で明るく相手と接するようにしましょう。

挨拶であったり、業務上の会話であったり、相手と接点がある場合に、無視や素っ気ない度は取らず、あくまで普段通りの対応をすることで、気まずさを最短で払しょくすることを目指しましょう。


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ