冷却期間を置いて失敗した例

冷却期間を置けばいいってものではありません。今回は冷却期間を置いて失敗した例をご紹介します。


冷却期間を置いて後悔した人たち。

冷却期間を置いて後悔した人は結構居ます。

多くは冷却期間中に相手に新しい恋人が出来てしまって、もうどうしようもなくなってしまった。というような場合です。

冷却期間を置くのであれば、相手に新しい恋人が出来ないことを神に祈るしかありませんね。。。

参考記事

冷却期間を置いて後悔したこと。

 

冷却期間を置いても復縁が失敗する場合の例

さて、冷却期間中に相手に新しい彼女や彼氏が出来てしまうのはもう仕方がないこと。

それ以外に、冷却期間を置いても復縁が失敗してしまった例をご紹介します。

 

・冷却期間を置いたのに、メール無視。

冷却期間後の最初のアプローチは非常に重要です。最初のメールが未練バレバレな内容だと、冷却期間を置いた意味もなくなってしまいます。

「久しぶりー。良かったらご飯でもどう?」「最近、◯◯に行ったから△△君の事思い出してメールしてみたよ。」というような未練が伝わりやすいメールは避けたほうがいいです。

参考記事

冷却期間後にどんな連絡をするべきかノウハウまとめ

 

・冷却期間を置いたのに緊張感ナシ。

冷却期間は、緊張感を取り戻すために置く意味合いがありますが、再会時にダラダラしてしまったり、相手に舐められてしまったりすると、緊張感が無くなってしまい、冷却期間を置いた意味が無くなってしまうことも。

再会時には自信を持って堂々と、そしてメリハリを意識して会いたいところです。

参考記事

復縁を前進させるデートテクニック

 

まとめ

冷却期間を置いたからといって、必ず復縁が前進するとは限りません。

・なぜ私の場合は冷却期間を置くのか。

・私の場合の冷却期間を置いた場合のメリットとデメリットは何なのか。

・冷却期間後にどうすれば相手は自分に惚れるのか。

というこの3つを予めしっかりイメージ出来ていなければ、復縁は難しいです。まずは、この3つを明確にイメージするところから初めてみましょう。


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ