冷却期間が短い場合でも復縁は可能です。

冷却期間が短い場合だと、復縁は難しいんじゃないか。そんな悩みを抱えている方のために、表にはなかなか出さなかったのですが、復縁期間が短くても、復縁が出来てしまう。そんなノウハウをご紹介します。


josyu「はかせ〜。どうにかさ、冷却期間を短く出来ないかな?もう私無理。」

hakase「え。まだ1ヶ月だよ。もうギブアップかい?」

josyu「だってさー、周りの女友達のリア充トーク聞くだけで気が狂いそうなんだもん。」

hakase「たしかにね、それは苦しいかもしれないね。」

josyu「だからさあ、なんかないの?とっておきのノウハウみたいなやつ!」

hakase「僕はさ、ドラ◯もんじゃないから、そんな魔法みたいなものは持ってないよ。」

josyu「嘘だ!絶対にある!あるよ!ひねり出して!」

hakase「しょうがないなあ。あるにはあるから紹介しようか。」

josyu「さすが博士!お願いします!(ちょろい男だ。)」

 

冷却期間を短くするコツは、錯覚にアリ。

人の感覚というのはいい加減なものです。

例えば、

 

・このノウハウを使えば10人中9人が復縁を成功させました。

・このノウハウを使って1000人中100人が復縁を失敗してしまいました。

 

この2つは、同じことを言っていますが、感じ方は違うのではないでしょうか。

人の感覚はいい加減なので、同じ意味の事を伝えても、伝え方一つで印象が大きく変わってしまいます。

 

他にも例を出してみましょう。

彼氏から3万円くらいのネックレスをプレゼントとして貰ったとしましょう。

例えば、彼氏が「いま生活が苦しいからたいしたものをプレゼント出来ないと思う。」と事前に言っていた場合、「こんなに高価なものくれなくていいのに!」というように謙遜し喜ぶのではないでしょうか。

逆に、「いやあ、昨日パチンコで20万勝ったわ〜。」と言っていた彼氏のプレゼントだったらどうでしょうか。恐らく、「たった3万円かよ!」と思うのではないでしょうか。

 

同じ3万円のネックレスをプレゼントしたとしても、事前の情報による期待値によって、受け取り方はここまで変わってしまうのです。

 

こうした、人間の感覚の「いい加減さ」を利用するのが、復縁の冷却期間を短くするコツなのです。

要するに、元カレ元カノに「錯覚させる」ことがこの方法の本質なのです。

 

錯覚を使って、未練の払拭をする。

未練の払拭をする場合、普通なら「彼に対して興味が無い」素振りをするでしょう。

でも、この錯覚を意識するのであれば、会う前や会った当初は「彼に対する興味がすごくある」というような雰囲気で接します。

これによって、彼は「あなたから好意を持たれている」と感じます。彼に下心が芽生えたのであれば、「今夜はラッキーチャンスかも」なんていう風に期待するでしょう。

このように、期待値を高めることが出来ると、それを裏切った時にバイアスがかかり、彼は「俺には興味が無いんだな」と感じるわけです。

具体的には、「好意全開で彼に接するが、自分からサクッと帰宅してしまう。」というような感じですね。

 

普通、未練を払拭するには時間がかかりますが、こういった事をすれば、一瞬で払拭が出来てしまいます。

 

長い時間会わない。腹2分めを意識する。

人間は、慣れます。

どんなに大好きなビールでも、1杯目と10杯目では、美味しさは違います。同じ味でも。

あなたにも慣れてしまいます。

冷却期間後、最初に会った時に、相手がドキッとしたとしても、3時間も一緒にいれば慣れてしまいます。

会う時間を極力短くする。その時間は徹底的に自分の魅力をアピールする。彼が慣れる前に帰る。

こういった彼に慣れさせない。ということを意識することで、慣れを起こさず、緊張感をキープすることが出来るのです。

 

複数で会う。

普段は2人で会っていたのに、たまに複数で会うと、相手との距離感が変わり、それによって見え方が変わることがあります。

付き合っている彼氏と一緒に、友達のカップルなどを含めてバーベキューをした時に、彼氏が他の女の子と話しているのを見て嫉妬してしまうアレですね。

たまには、グループで会うことで、相手に適度な嫉妬をさせたり、独占欲を煽ることが出来ます。

これも、会う環境の違いから起きる錯覚です。

 

まとめ

いかがでしょうか。今回は錯覚を利用することで、冷却期間を短くしても復縁は成功する。という理屈をご紹介しました。

錯覚させるためには、自分が相手からどう思われているか。いま相手はどう思っているのか。ということを読み取ることが出来ないとダメです。

その為には、自分のこと、相手のこと、自分と相手のことを俯瞰できなければいけませんから、自信と余裕と冷静さが必要です。


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ