別居と冷却期間のまとめ

別居と冷却期間の関係についての考え方をまとめました。別居と冷却期間について色々と悩まれている方は、ぜひ参考にして下さいね。ちなみに、総合的な別居復縁の考え方は、別居から復縁する方法を読んで見てください。


 

別居と冷却期間はイコールの関係であるべき

別居と冷却期間を別けて考えている方が結構居ますが、同居を続けていれば冷却期間にならないわけですし、別居イコール冷却期間と考えるのが普通です。

別居を冷却期間と捉えないのであれば、その別居は一体なんのために置いているのか。という話になります。

冷却期間には色々な目的がありますが、別れの危機や冷め切った状態、というような差し迫った状況では、お互いに落ち着く冷静になる為の期間という意味合いが強いです。

ですから、別居と冷却期間はイコールの関係だと捉えるべきです。

 

離婚回避や復縁の為に、別居(冷却期間)をより効果的にするために

離婚回避の為に、別居を置く上での注意点ややったほうがいいことをご紹介します。

 

別居はスピードが重要。

離婚回避の為には、どれだけスピーディーに別居が出来るか。ということが大きなポイントに成ります。

一度、関係にヒビが入ってしまったら、一緒に生活をしていると、そのヒビは更に大きくなり、修復が難しいほどになってしまうことも。

ですから、離婚の危機になってしまった場合は、即座に別居という選択をするべきです。

離婚回避に冷却期間は効果的か?でもお伝えしていますが、出来れば自分が出て行ったほうが良いです。相手が出て行くと、そのまま永久に実家から帰って来ることがなく、会えなくなることがありますから。

 

別居前に相手に与える印象が重要。

別居後に相手の離婚の意志が変化し、あなたに対して歩み寄ってくる。やっぱり離婚はやめよう。と思ってもらえるのが一番良いですよね。

その為には、別居前に相手に与える印象が最も大切です。

「ちょっと寂しいな」とか、そんな気持ちになってもらえれば、別居中に相手の中に未練が芽生える可能性は非常に高まりますから、

こんな風に思ってもらえるような、別居前のコミュニケーションを取りたいところ。

最も気をつけたいのは、別居が時間稼ぎだと思われないことが大事です。

離婚には絶対反対。絶対にしたくない。というような話し合わない姿勢、つまり敵対したまま別居に入ってしまえば、相手は「この別居は時間稼ぎ、絶対に離婚してやる」というように、離婚に対して強硬な姿勢を強めてしまうでしょう。

こう思わせてしまうと、いくら時間を空けても相手の意思は強くなるばかり。逆効果です。

ですから、相手の離婚の意思に対して受け入れる意思を示しつつ、自分自身が冷静になりたいから。という理由で別居を選択した。する。というような印象を与えられるようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。離婚回避、復縁を目指す場合は、別居と冷却期間は同じ意味だと考えましょう。

また、冷却期間の効果は、冷却期間の前の印象でほとんど決まってしまいますので、良い印象を与えられるように自分が何をすればいいのか。ということを冷静に判断しましょう。

普通の失恋の場合の復縁期間よりも長くなりがちですから、その辺も覚悟しましょう。といっても別居は長すぎると相手にストレスがかかってくるので1年位が限界なんですけども。


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ