B型を相手に冷却期間を置く上の注意点

冷却期間を置く時に、復縁したい相手がB型だと、「冷却期間を置いて本当に大丈夫なんだろうか」と不安になる方が多いようです。

B型はマイペースなので、冷却期間を置いたところで何か相手の心理に変化があるのか。というところが気になる人が多いんですね。

そこで、B型が相手の場合の冷却期間について解説します。


 

B型にも冷却期間は効果的です。

まず、最初に言いますが、B型が相手だとしても、冷却期間はちゃんと効果があります。

冷却期間を置く理由は

・あなたへの悪い印象を忘れさせる。

・あなたが成長する。

ですから、相手がB型だとしても問題ありません。

 

冷却期間を置かないという選択が出来るかも。

ただ、B型の方の中には

別れた後も普通に元カノ元カレと連絡を取る。というような方だったり

サバサバしていて、他人に対して干渉しないので、別れた後も後腐れなく普通にメールや会話が出来るような方が一定数います。

 

こういう相手の場合は、わざわざキッチリ冷却期間を置く必要はありません。

ですから、相手が元カノや元カレと連絡を取る事に対して抵抗を感じないような方の場合は、冷却期間を置くというような考え方一本ではなく、普通に連絡を取り合いながら復縁を密かに進めていく。というような考え方もアリですから、フレキシブルに考えましょう。

 

B型の元カレに対して冷却期間を置く場合に気をつけたほうがいいこと。

B型の男性の場合、元カノとの縁をキッパリ切ろうとする方は少ないです。

むしろ、共通の趣味があったり、共通の知人がいる場合は、付き合う以前のような関係に戻るだけ。というような事があります。

ですから、冷却期間を置かない場合は、趣味関連の話題を中心に接点を作ると良いでしょう。

冷却期間を置く場合は、未練が大きくなることを目指して、最後の最後に何かサプライズ的な演出をすると良いでしょう。

要するに相手の意表をつくような対応をするべきです。今までの感謝を言葉ではなく、行動で示すと良いでしょう。

 

B型の元カノに対して冷却期間を置く場合に気をつけたほうがいいこと。

女性というだけで、かなりハッキリしていますが、B型の女性はその中でも特にハッキリしています。

連絡も何もかも無視。隙が一切ない。

というような事になってしまうと、いくら冷却期間を置いても復縁は不可能。というような事も。

余りにも溝が深い時は、諦める。という選択も必要になってくると言えます。

ただ、他の血液型の女性に比べて、

趣味などが合う場合は、別れた後も普通に会えるような状況を作りやすいですし、

別れの原因が深刻でなく、別れ際に大きなトラブルがない場合は、普通に友人のような感じで連絡を取り続けることは容易です。

何にせよ、別れ際の対応が重要ですので、温和に別れられるように気をつけましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。B型の元カレや元カノとの復縁を目指す場合は、冷却期間を置くということに固執しないほうが良いでしょう。

B型が相手の場合、復縁の成功率は比較的高いですから、希望を持って復縁活動を薦めて頂ければと思います。


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ