復縁するためのデートの誘い方

復縁をしたい元カレ元カノデートに誘う場合、断られるか不安だったり、どうやって誘えばいいかわからない方が多いと思います。そこで今回は、デートの誘い方について解説します。


 

唐突な誘いは避けましょう。

唐突な誘いは、断られる可能性が大です。

例えば、冷却期間空けに「久しぶり!良かったら今度、ご飯行かない?」こんな風にいきなり誘いのメールを送る方が居ますが、これは私が知っている限り、ほとんどのケースで断られるか無視されてしまいます。

そうではなく、会話の流れの中で誘うか、普通に連絡を取り合えるような関係になっている事が必須です。

 

流れの中で誘う場合

下記のような流れを作りましょう。

1、事務的な連絡や、質問で連絡。

例「久しぶり!(共通の知人の)◯◯君があなたの連絡先を知りたいって言ってるんだけど、教えちゃって平気?」

2、事務的な連絡や質問をして相手から返事が返ってきたら、近況を伺う。

もしくは、相手から返信が返ってきたら電話をしてしまう。

近況報告で会話が盛り上がれば、その流れで食事や飲みなどに誘ってしまいましょう。

共通の趣味がある場合は、共通の趣味に関連するイベントなどに誘ってしまうのもアリです。

 

普通に連絡が取り合える関係の中で誘う場合

この場合は特に何か意識する必要もなく、普通に会話の中で友達を誘うように誘ってしまえばOKです。

 

番外編:とにかく短時間だけ会う

デートに誘う場合は、相手がこちらに対して多少は興味や未練がないと会って頂けません。

もし、相手が自分に対してぜんぜん興味や関心がない。と感じる場合は、一度短時間だけ会って変化を見せて相手の興味や関心を引き出す必要があります。

この場合は、忘れ物の受け渡し、モノの貸し借り、共通の知人を介して複数で会う。

というような機会を作るなり利用するなりして、外見の変化や雰囲気の変化で相手の興味を惹きつけられるかどうかが勝負になります。

元カレや元カノを後悔させるくらい、素敵になって見返してやりましょう!

 

まとめ

デートを誘う場合、断られた場合の対応も考えておく必要があります。この場合は、友人を誘って断られた時と同じような対応をすればOKです。

悲しんだり動揺したりすれば、相手に対して期待していた事がバレてしまい、重くなってしまいますから、明るく「あ、いいよいいよ!気にしないで!」というように気楽な感じで対応するようにして下さい。

誘いを断られても、後々相手が寂しい時に誘ってもらえたりする場合がありますから、断られたとしても気落ちしすぎないようにしましょう!


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ