元彼の心をグッと掴む復縁メールまとめ

今回は元彼の心をグッと掴んで復縁を前進させるためのメールのノウハウのまとめです。

これから元彼とメールをしようと思っている方、いま元彼とメールをしているけど復縁がなかなか進展しないと思っている方は是非参考になさって下さいね。


男性心理の裏をかけば復縁は進展する。

復縁が難しいと思っている人は、男性心理についてまず理解したほうが良いです。

いわゆる草食男子というように言われる恋愛に対して消極的な男性意外は、恋愛は狩猟型です。

罠を仕掛けて待つというような感じではなく、自分から積極的に女性を射止めにいきます。

つまり、追いかける恋愛が大好物なのです。

ですから、復縁を目指す場合は、追いかけさせる。という視点で行動することが何よりも大事。

これを噛み砕くと、元彼に行動させる。元彼にメールさせる。元彼に誘わせる。というように

元彼に◯◯させる為に私は△△する。というような発想で常に行動すると復縁は間違いなく進展します。

逆に言えば、こういった発想に乏しい方は復縁を成功させるのは非常に難しいと言えます。

私の相談に乗ってきた経験上、これは間違いないですから、必ず抑えておきましょう。

今回の記事は、この「元彼に◯◯させる為に私は△△する。」という考え方を掘り下げていきます。

 

元彼にメールさせる為に私は腹八分を意識する。

自分からメールをしていたらいつになっても元彼からメールが来ることはないでしょう。

男性は意味のない行動はしませんから、自分でメールをしないと相手からはメールが来ない。というような認識をしないとなかなかメールをして来てくれません。

ですから、元彼に「俺からメールしないとあなたからはメールが来ないだろうなあ」と常に思わせておくための行動が必要です。

また、当然ですがメールをさせるためには「メールが楽しい」「メールがしたい」「話したい」というように相手に思わせる必要が同時にあります。

・俺からメールしないと相手からはメールは来ないだろう。

・もっとメールしたい。話したい。

この両方を満たすことが出来れば彼からのメールは確実に増えます。

まず、自分からはメールはしない。ということを相手に思わせておくことが重要。

その為には色々な方法がありますが、

「△△したかったらまた連絡して。」

「◯◯について何かあったらまたメールしてよ」

というように、相手にメールしてくれ。と伝えておくという方法が無難です。

これをしておけば、私からはメールはしないから。と伝えているのとほぼ同義なので、元彼は俺からメールしないとメールは出来ないと認識します。

また、相手にメールしたいなと思わせるには、腹八分目を意識すると良いです。お腹いっぱいにしてしまうと、満足してそれで終わりです。

例えばメールを終わらせる時、電話を終わらせる時、デートから帰るときなど、相手が「もう少し話したいのになあ」と思うくらいのタイミングを見計らうと非常に効果的。

私が良くアドバイスするのは、相手が帰り際、また寝る前などに、あなたのことを考えるようにして欲しい。ということ。その為には満足させすぎない。つまり腹八分目を意識することが大事なのです。

メールをする時も、相手がメールを終わらせるまで最後まで付き合う方が多いですが、それはある意味では勿体ないのです。途中で終わらせることが出来れば、次、近いうちに相手からメールが来る可能性が高まるわけですから。

 

 メールは話題が命。

さて、最後にメールの内容にも触れておきましょう。

メールで大事なのは、話題です。

前述したように男性は意味のない行動はしません。つまり、メールでも自分に利がない話題には食いつきにくいです。

ですから会話を盛り上げるためには、話題が命なのです。

盛り上がりやすい会話の話題を下記にまとめましたので元彼とメールをする際の参考になさって下さい。

・共通の知人の話題。

・彼の趣味に関する話題。

・彼の自己顕示欲を満たす話題。

 

まとめ

いかがでしょうか。元彼との復縁を前進させるには、追いかけさせること。相手に行動を促すこと。「元彼に◯◯させる為に私は△△する。」という視点を常に持つこと。相手に寂しさや物足りなさを感じさせること。そして話題に特に気を使うことが大事です。

話題がなくなった場合は無理に引き伸ばさずにすぐにメールを終わらせる。というような対応もとても大切です。盛り上がらない話題でメールをしてしまうと、メールがつまらないとレッテルを貼られてしまいますしね。


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ