別れた彼女と復縁するためのメールテクニック

別れた彼女と復縁する為のメールテクニックをまとめました。他にも色々読んでおいて欲しい記事は色々ありますが、これから復縁を目指す男性は、まずこの記事を先に読んでおいて下さい。


別れたら、とりあえず感謝を伝えて沈黙を。

女性は、恋愛に関しては非常に正直なので、無理なものは無理です。もちろん、別れ話の際には自分の正直な気持ちとして別れたくない。というような事をしっかり伝えたほうが良いですが、引っ張りすぎると嫌悪感が出てきてしまうことも。

ですから、別れた後は、感謝を伝えて沈黙をしましょう。

感謝の伝え方は様々ですが、最も理想的なのは、ちょっとしたサプライズ的なデートをしてバイバイ。をし、その後メールで今までの感謝を伝える。というような感じ。

このデートは、別れの際の雰囲気や女性の性格によって、難しい場合もあります。

「最後に軽くドライブでも行きますか」みたいな提案にノッてくれれば、ドライブついでに相手が行きたかった場所なんかに連れて行ってあげて、小二時間程普通にデートをしてバイバイが出来ると、相手に未練が芽生えやすいですので、提案だけはしてみても良いと思います。

さっきまで付き合っていた時のように普通に会っていたのに、もう明日からは会えないんだ。他人なんだ。こんな風に思わせられると喪失感や未練を大きく出来ます。

さて、感謝のメールの内容ですが、相手の女性の性格によります。

他人に対しての共感力が強く思いやりのある女性であれば、長文でOKです。他人に対しての共感力があまり無く自意識が強い女性に対しては、長々と書きすぎてしまうと重くなってしまいますので、100文字程度のサラッとしたもので良いでしょう。

 

沈黙期間はどれくらい必要か?

本当は、沈黙期間は3ヶ月です。というように、明確化したいところですが、そんな無責任な事は言えないのです。ぶっちゃけると、千差万別です。ケースバイケース。

沈黙期間とは、相手の嫌悪感を無くす、相手に未練を感じさせる、あなたが落ち着く、沈黙後に変化を見せる、原因を改善する、等々様々な目的がありますから、

例えば別れの際に険悪になってしまったのであれば、それ相応に長くなります。でも、相手の性格がサバサバした方であれば、例外もあります。ですから、険悪な場合は◯ヶ月。というように明確化するのも難しいのです。

最も安全な方法は、忘れ物の受け渡しなどの機会を別れてから1ヶ月後くらいに設けて、その時の相手の反応によってもう少し沈黙するべきか、それとも今押したほうがいいのか。を見極めると良いでしょう。

 

どんなメールを送ると良いか?

ずばりこれは感情を揺らせるメール。

面白い。

楽しい。

寂しい。

悲しい。

嬉しい。

感動する。

こういった感情を引き出せるメールのやり取りが出来るかどうかが重要です。

逆に言えば、感情の変化をさせることのできない淡々としたメールや表面的なメールに効果は全くありません。

女性の感情が揺れるかどうかは、話題そのものよりも、タイミングやその時の気持ちやあなたの会話の雰囲気が重要なので、メールをいつでもしてきていい。というような雰囲気作りや導線作りを予めしておくことが大事です。

フェイスブックでいいね!やコメントのやり取りをしている。

Twitterでリツイート中心に適度に絡んでいる。

というようなSNSで薄く絡み続けていると、相手からメールを貰いやすいので、やっておきたいところ。

また、メールをした時に、◯◯したら教えて。とか、△△行ったらメールして。というように相手へ連絡を促すような言葉をかけると良いです。

辛いことがあったらメールしろよ。悩みがあればいつでも聞くからな。

というような言葉をかけるよりも、◯◯ってカフェ行ったらどんな感じだったか教えてや。というように、具体的であればあるほど効果的です。

悩みについては、女性が相談したい。聞いて欲しい。と思えばあなたが「メールをしてきてもいいよ」というサインだけ出していれば勝手にしてきます。

逆に言えば、悩みがあれば聞くから。というように伝えたって相談はしてきません。

悩みがあれば聞くから。という言葉で、あなたの未練や下心が伝わりますから、女性の性格によっては、「期待させたくないから相談は出来ないな」とか「あなたの術中にハマるのがシャクだ」というように思わせてしまい、頼ってくれないケースがありますからオススメ出来ないのです。

 

下記の記事を併せて読むと理解が更に深まります。

元カノのハートを射止める復縁メールまとめ

元カノに送ると効果的な復縁メールの内容

 

まとめ

基本、女性は分かりやすいので、女性からメールが来たらあなたへの好意や好感があるということ。この状況になったら即座に会ってしまったほうが良いです。

メールだけに固執していると復縁は難しいですから、状況に応じて今はメール、今は電話、今は会う、というように柔軟に対応していきましょう。

 


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ