男性心理を逆手にとったメールで復縁を成功させよう!

今回は男性心理を逆手に取ったメールの方法をご紹介します。元カレと復縁したいけど、どうメールを送ればいいのか分からない。そんな方は是非参考にして下さいね。


 

男は狩猟する生き物

男性は、恋愛においては狩猟型がほとんどです。

つまり、追いかける恋愛をする男性が多いです。

最近は、草食系男子というような風潮もありますが、あれは恋愛にそもそも興味が無い、もしくは自信がない、責任を負いたくない、傷つきたくないというような理由から、結果的に草食系なだけで、本来は男性の恋愛は狩猟型です。

恋愛に興味があり、自分に自信がある男性であれば、恋愛はぐいぐい押して追いかけるようなものを好みます。

ですから、男性にいかに「追いかけさせるか」ということが復縁にとっても重要なのです。

 

追いかければ逃げる。

男性の恋愛観はとてもリアルなので、無駄なことはしません。

何もしなくても手に入る相手に対しては何もしません。釣った魚にエサをあげない。最初はすごく丁寧にメールやデートをしてくれていたのに、付き合った途端何もしてくれなくなった。こういった男性が多いのはまさに彼らがリアリストだからです。

復縁を目指す場合、あなたが感情的で冷静になれていないと、相手を過度に追いかけてしまう事があります。

追いかけると彼からすれば、別に何もしなくても付き合えそうだし、何もしなくていいや。というようなドライな対応を取られがちです。

また、追いかけられている間は冷静なので、ちょっとしつこいな。とか、面倒くさいな。というようなネガティブな感情が芽生えがちです。

ですから、追いかけると男性は逃げやすいのです。

 

追いかけさせることが復縁の鍵

ですから、復縁を目指すのであれば、男性心理をよく理解し、追いかけさせることを目指すべきです。

男性は欲求不満になり、感情が高まると、それを満たせない事に過度のストレスを感じ、衝動的な行動を取りやすくなります。

こうなると、彼を手玉に取る。自分の思うようにコントロールすることが出来るようになってきます。

この関係性を作ることが出来れば、復縁はもうあなたの手の中にあると言って良いでしょう。

では、追いかけさせる為にあなたは彼に対して何をすればいいでしょうか。

今回はメールでの対応について解説していきます。

 

元カレからのメールを増やしていく。

自分からメールを送ってばかりでは、元カレからメールが来ることはほとんどないでしょう。

最初に申し上げたように男性はリアリストなので、元カレが自分がメールを送らないとあなたからはメールが来ない。こう認識しない限りはあなたに対してメールをする。ということはなかなかありません。

ですから、こちらから最初のきっかけとなるメールを送るということはできる限り避けていきたいところです。

下記のことに気をつけると、元カレから来るメールを増やすことが出来るでしょう。

 

定期的に連絡をするのはやめる。

定期的にメールをしていると、相手はあなたからのメールを待つようになってしまいます。定期的にメールをするのは避けましょう。

 

メールは自分から終わらせる。

彼から「それじゃあ俺そろそろ寝るわー。おやすみー。」と言わせてしまうのは良くありません。メールは自分から終わらせるようにしましょう。

 

盛り上がっている時こそ、メールを終わらせる。

会話が盛り上がっている時こそメールを終わらせることで彼のあなたとメールをしたいという気持ちを大きくすることが出来ます。勇気を出して盛り上がっている時にメールを終わらせてしまいましょう。

 

元カレを再優先しない。

優先順位を高めに設定し過ぎると、相手は安心してしまいます。安心させれば相手は追いかけることをしません。適度に不安を感じさせるために、元カレを再優先しないようにしましょう。他の友だち、仕事、家族、趣味など彼以上に優先すべきものを増やす、もしくは優先しているという見せ方を心がけましょう。

 

あなたからメールしてね。と伝えておく。

日程分かったら連絡してー。◯◯君に会ったら教えて!△△買ったら連絡してね。

というように、事ある毎に相手から連絡をしてね。と、伝えておくと良いです。

じゃあまた何かあったら連絡するねー。と元カレに言えば元カレはあなたの連絡を待つばかりです。

彼に行動させるために、じゃあまた何かあったら連絡してねー。こんな感じで伝える癖をつけましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。

男性心理を考えれば、相手に行動させることが最も大事です。釣りみたいなもので、撒き餌さを撒いておいて、相手が食いつくのを待つ。こういった対応が復縁にはベストです。


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ