冷めた相手との復縁

冷めた相手との復縁方法を解説します。別れの原因が「冷めた」というものだった場合や、連絡をしても相手の対応が「冷めている」場合など、この記事を参考に対策を立てて頂ければと思います。


 

別れの理由が「冷めた」だった場合の復縁方法

別れの理由が「冷めた」だった場合、冷却期間は6ヶ月〜2年程度置くべきでしょう。幅があるのは、冷めた原因の深刻度具合に幅があるからです。深刻であればあるほど長くなります。

参考記事:冷めたと言われた場合の冷却期間の正しい置き方

冷却期間中は、原因の改善と、自分磨きを中心に取り組みましょう。相手との接点は一切断った方が得策です。

また、冷却期間明けは、相手のことを追いかけず、少しだけ自分のほうが冷めているくらいの温度差をキープ出来るように心がけましょう。

 

相手の対応が冷めている場合の復縁方法

さて、冷却期間を置いた後に、実際に復縁活動に入るわけですが、相手の対応が冷めている場合にはどうしたらいいかを解説します。

まず、会うまでは、彼(彼女)のあなたへの印象は別れた時の印象のまま止まっていますから、会わない限りは印象を変える事は出来ません。

ですから、メールや電話は無駄撃ちはせずに、会うためだけのメールに集中しましょう。

参考記事:会う為の復縁メール

会っても冷めている場合は、あなたが未練が伝わってしまったか、あなたの変化が不十分だった。このどちらか。

未練が伝わってしまい、温度差が生まれて、相手が冷めた対応をしてしまっている場合は、まだ会ったり出来るような関係性であれば、会う中で、俺に対する未練はなさそうだ。と感じさせられるような極端にサバサバした対応などをして、印象を変える努力をしましょう。会うことが困難な場合は、冷却期間を置くしかありません。メールや電話をしても、温度差は大きくなるばかり、最悪受信拒否・着信拒否をされてしまう可能性があり、危険です。

変化が不十分だった場合、冷却期間&自分磨きです。

 

温度差を意識しましょう。

冷める。というのはあくまで相対的な話です。

あなたの未練や恋愛感情が伝わり、相手の気持ちとの温度差が顕在化すると、相手は「重い」「面倒くさい」というように思い、冷めた対応をしてしまうわけです。

また、冷めた対応というのは、あくまでメッセージだったりします。「俺はその気はないから、諦めろ。」「俺に期待すんなよ。」とか、そういうメッセージ。

嫌いだから冷めている。というような単純な話ではないので注意。

基本は、温度差を作らないこと。追いかけないこと。未練が伝わらないこと、緊張感を保てるように意識すること。を抑えるようにして、

相手との気持ちに温度差を作らないようにしましょう。

参考記事:追われる女になって復縁をグッと近づけよう!

 

まとめ

いかがでしょうか。

冷めた相手というと、私のことを嫌っているというように直感的に判断してしまう方が多いですが、そういうことではない。ということが一点。

冷めた。というのは相対的な話なので、あなたが追いかけなければ、温度差は生まれず、冷めた対応をされることは殆どありません。

本当に不快なら無視・拒絶ですから。

冷めてしまっていても、見せ方の工夫・変化・時間を置く、というような対応で、状況を改善する事は十分に可能ですから、どうか前向きに考えていただければと思います。

あー、もう自分じゃ全然どうすればいいか分からないよ。というような方は、下記からご相談頂ければと思います。第三者の目を入れることも時に大切な事ですよ。


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ