好きなのに別れる理由

「好きなのに別れる。」って事、この世の中には結構あります。また、本音は「他に好きな人が出来た」だけど、自分が悪者になりたくない。なんていう安易な発想で「好きだけど別れる」という見せ方をする殿方や淑女も多く居ます。今回は、この現象に対しての、専門家からの考察をお伝えします。


 

お互い好きなのに別れる理由や心理は?

復縁の相談に乗っていると、お互いに好きなのに別れてしまった。というご相談を頂くことが多くあります。

相手に他に好きな人が出来た。だとか明確な理由があれば、諦めやすいですが、「好きで付き合っていたいけど、別れよう」と言われてしまえば、やっぱりモヤモヤしますし未練も残りますから、復縁を目指すようになってくるわけです。

さて、お互いに好きなのに別れる理由として多いものをできるだけ心理面にフォーカスしながらご紹介していきます。

また、このサイトは復縁のノウハウを解説するサイトですから、各理由に対して復縁を目指すなら何をするべきかもポイントを記載します。

 

・経済的理由で別れる場合

これ、結構多いです。

金銭的に不安があり、今の交際を続けることが出来ない。もしくは、将来の結婚や出産・育児をコミットすることが出来ないというような理由です。

金銭的に不安がある当人が別れを切り出す場合が多いですが、相手側がこれを理由(オブラートに包んだり嘘を付く場合が多い)に別れを切り出すこともあります。

独立した後、仕事がうまくいかず、金銭的に行き詰まってしまい、別れを選択する。というようなケースが目立ちます。

 

復縁するには?

この場合は、相手が経済的自立をし自信を持てるようになるまでは、冷却期間を置くしかありません。

逆に、相手があなたの経済的な不安を指摘して別れた場合は、あなた自身が相手が納得するだけの経済的な余裕を手に入れるしかありません。

正直、こういった相手は、寄生し依存する人。自分が何かをしてもらうことに関しては非常にシビアに拘りますが、自分が相手のために何かをする。ということに感心がありません。

自分の理想以外を許容する柔軟性に欠けますから、早く諦めてしまったほうがあなたは幸せになれるでしょう。

 

・精神的に不安定で交際を続けることが出来なくなってしまう場合。

仕事がうまくいかない。人間関係で悩んでいる。などの理由から精神的に不安定になってしまって、交際を続けることが難しくなってしまう場合。

恋愛は、余裕がないと出来ません。金銭的にも精神的にも。

精神が病んでしまい、余裕が無くなってしまうと、視野が狭くなって交際相手のことが見えなくなってしまったり、ネガティブな考え方にハマってしまって、「こんな自分じゃあなたを幸せには出来ない」と、自己嫌悪してしまい、あなたのことを抱えきれなくなってしまうわけです。

 

よりを戻すには?

この場合も、相手が精神的に安定するまでは冷却期間を置くしかありません。相手は精神的に弱っていますから、縋りすぎるのは良くないです。

 

・親などの第三者が結婚に反対するために好きなのに別れてしまう。

親が結婚、もしくは交際を許してくれず、別れを選択するしかなくなってしまった場合です。

親が子離れ出来ていない。理想を子供に押し付ける親。

親を説得できない彼氏や彼女。

 

彼氏や彼女を自分の親から守る盾になれない自分。

この3点が大きな原因です。

 

復縁は説得がポイント

この場合、あなたの親が結婚や交際に反対しているなら、あなたが親を説得する。そしてパートナーの盾となって守る。

あなたの交際相手の親が反対している場合は、あなたが交際相手の親を説得するしかありません。

自分が出来ることを全てやりきったのか。ということを改めて考えてみましょう。

 

・遠距離などの物理的な要因で別れてしまう。

これも多いですね。遠距離で気軽に会うことが出来ず、好きだけど、別れてしまう。というケース。

お互いに好きだけど、その好きという気持ちの温度差が原因である事が多いです。

会えないから、定期的に連絡を取る必要はないじゃん。

という男性と

会えないからこそ、定期的に連絡を取らないと不安じゃん。

という女性の気持ちの温度差によって、重くなって別れるか、寂しすぎて別れるかのどちらか。

 

別れ回避には会うのが一番

遠距離の場合は、最後に会った時にどんな印象を与えられたかが全てなので、とにかく最後に一度だけ会うようにしましょう。一度会ったら、それだけでお互いの気持ちの温度差がなくなり、復縁出来た。なんて事も多くあります。

 

・宗教が理由で別れる。

これ。ネット上でもよく話題になりますね。

彼氏が、◯◯◯◯って宗教に入っていて、勧誘が酷いから別れた。

だとか、こういったケース。

 

まあ、相手はその宗教が素晴らしいと思っているので、大好きな人にも是非知ってほしい。と思うのは当然ですね。

恋人と自分の好きなモノを共有したい。という心理は誰にだってありますから。

でも、宗教に対して良いイメージを持っていない。という人からすれば、絶対に受け入れられないありがた迷惑でしかないわけです。

 

復縁はオススメしません。

復縁を目指すなら、宗教を辞める。宗教に入る。宗教に勧めるのを辞める。くらいしかないでしょうか。基本的に復縁を目指すこと自体オススメしません。相容れない2人ですから。

 

「好きだけど別れよう」が嘘の場合

悲しいですが、これ、結構多いんですよ。

人間はそんなに強くないですし、自分が可愛いですし、出来る限り悪者になりたくないわけですから、

本当は他に好きな人がいて別れたいんだけど、「好きだけど将来が見えないから別れよう」というような耳障りの良いような事を言って別れを切り出す方。

 

嘘か誠かを判断するには?

この場合、色々突っ込んでいけばボロが出ます。挙動がおかしかったり、理路整然としていなかったり、逆ギレしたり。

好きだけど別れようって言われても、なかなか納得はしにくいですから、納得できる理由を言ってもらえるまでしっかり話すことが重要です。

 


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ