別れ話で最後に会うほうがよりを戻しやすい事実

メールや電話ではなく会って別れ話をしたり、別れ話の後にモノの受け渡しなどで会う場合のほうが、よりを戻せる可能性は高まります。

今回は、なぜ会ったほうがよりを戻しやすいのかを解説します。


 

最後に会った時の印象が強く残る。

人と言うのは、自分が苦しい時や辛い時に、何をされたか。何をしてくれたか。という事の印象と、最後に会った時の印象をその後も強く引きずりやすいです。

あなたも、今まで付き合った事のある元カレ元カノの事を思い浮かべてみると、最も強く印象に残っているのは、最後に会った時に何を言われたか。どんな顔をしていたか。

もしくは、自分が苦しい時に相手がした事だったりするのではないでしょうか。

 

最後に会った時の印象が強く残りますから、当然、別れ話の時、もしくはその後に会って、「良い印象」を与えることが出来れば、相手の中にあなたへの未練が残りやすくなるわけです。

 

ここで大事なポイントは、最後に会ったからと言って、最後の印象が悪ければ、その印象が強く残ってしまうので、復縁はしにくです。

最後の印象が良ければ、よりを戻しやすいということなのです。

 

別れたくなくても、最後の最後は相手を思いやって行動しましょう。

別れたくない。そう思うことは自然なこと。

でも、最後の最後は相手を思いやって行動するべきです。

最後の最後まで自分の意思を相手にぶつけるだけで、相手の事を理解せず尊重せずでは、相手からの印象は悪くなる一方でしょう。

せっかく、今までのお付き合いの中で、キラキラ輝くような素敵な思い出があったはずなのに、最後の印象が悪ければ、それらは相手にとって、消したい記憶、嫌な記憶となってしまうかもしれません。

 

まとめ

交際関係を電話やメールで終わらせてしまうのは、相手に未練が残りにくい別れ方だと言えます。

別れる前の印象は基本的に悪いですからね。悪いから別れを決意しているわけですから。

ですから、必ず会って、最後の最後は良い印象を与えておきたいわけです。

振った相手に後悔させたい。悔しい。

そう思うのであれば、尚更、相手のことを思いやって行動するようにしましょう。


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ