別れを食い止める方法のまとめ

今まで、別れを回避する方法や相手に未練が残りやすい別れ方など紹介してきましたので、今回は別れを食い止める方法に関する記事をまとめました。今、まさに別れそうだ。という方は是非参考にして下さいね。


 

別れ回避の法則!

別れを回避するとは心変わりさせること。

別れを回避したいのであれば、彼(彼女)の“気持ちを変える”ことが必要です。

「別れたい」と思っている彼(彼女)に、「やっぱり別れたら寂しいな。」「もう会えないのは辛いな」というように思わせるにはどうしたらいいか。

という視点で、考えていく必要があります。

決して自分の気持ちばかりを相手に押し付けないようにしましょう。それでは相手の気持は変わりません。

まずは、冷静に相手の目線で考えることが必要です。自分のことで精一杯になっていると、こういった考え方は出来ませんから、別れ際はテンパッてしまいますが、どうにか一息入れて落ち着くようにしましょう。

 

相手に「やっぱり別れたくない」と感じさせる方法

1、別れの理由を正直に言わせる。

2、別れたくない。という自分の気持ちを率直に伝える。

3、一週間の冷却期間を置く。

4、1週間で自分磨きしまくる。

この順番で、別れ際に対応することで、別れを考えなおす可能性がグンと高くなります。

また、この順番で別れた場合、相手に未練が芽生える可能性も非常に高いのでその後の復縁の可能性も高い水準を維持することが出来ます。

詳しくは、別れ回避の法則!をご覧ください。

 

別れの理由は嘘や言い訳ばかり!鵜呑みにしちゃダメ!

実は、別れの理由や嘘は言い訳が多いです。上で、別れの理由を正直に言わせることが大事だと紹介しましたが、ここで嘘をつかれてしまうと、その後の2〜4を行っても、相手の心を動かすことは難しいです。

まず、正直に嘘や言い訳をせずに別れの理由を話させる為に、あなたは冷静に、ちゃんと相手の話を聞くようにしましょう。

詳しくは、別れの理由は嘘や言い訳ばかり!鵜呑みにしちゃダメ!を読んで下さい。

 

別れ話で最後に会うほうがよりを戻しやすい事実

これも、とても大事なポイントです。

別れ話の時は、必ず会ってすること。そうすることで、別れを回避できる可能性が高まります。

メールや電話で終わらせないこと。

あなたも会うのは怖いでしょうし辛いでしょうが、会って目を見て話さないと、必ずその後に後悔したりモヤモヤします。

勇気を出してちゃんと会って話すようにしましょう。

詳しくは、別れ話で最後に会うほうがよりを戻しやすい事実を参考にして下さいね。

 

まとめ

別れを食い止めるためには、今回紹介したポイントを抑えて彼や彼女に立ち向かうようにしましょう。

また、最後の印象が良ければよいほど、相手に未練が残り後悔しやすいですから、そのことも頭の片隅に入れておくと良いでしょう。

参考記事:冷却期間による相手の心理変化について


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ