冷却期間の長さ

冷却期間の長さはどれくらい必要なのでしょうか。今回は冷却期間の長さについて、博士に解説していただきます。


 

冷却期間が短い場合のメリットとデメリット

まず、冷却期間が短いというのは、3ヶ月以内を指したいと思います。

3ヶ月以内と冷却期間が短い場合は、下記のメリットとデメリットがあります。

 

メリット

・相手に新しい恋人が出来る可能性が相対的に低い。

 

デメリット

・自分磨きの時間がないので、変化を感じさせにくく、原因の改善も難しい。

・相手のあなたに対するネガティブな印象を払拭しきれない。

・未練を警戒されやすい。

 

このように、メリットはあまりなく、デメリットが多いです。

このデメリットがあまり影響がないような、別れ方、現在の状況、相手の性格の場合は、冷却期間が短くても良いということになるでしょう。

具体的に言えば、

 

・今の状況でも元カレ元カノをドキドキさせることができる。関係性に適度に緊張感がある。

・別れの原因が深刻でなく、すぐに修正・改善が可能。

・元カレや元カノから嫌われたりネガティブな印象を持たれていない。

・連絡をしたところで、未練を警戒されない。もしくは未練が多少伝わっても、元カレや元カノはそれを好意的に受け止めてくれる。

 

こういった状況であれば、冷却期間は短くても問題ないと言えるでしょう。

 

冷却期間が長い場合のメリットとデメリット

冷却期間が長いというのは、1年以上ということにしましょう。

この場合のメリットとデメリットを下記で紹介します。

 

メリット

・時間の経過とともに、あなたへの悪い印象を払拭出来ている。

・連絡をしても未練を警戒されにくい。

・久々の再会になるので、緊張感がありドキドキさせやすい関係性にしやすい。

・自分磨きの時間が十分にあるので、変化を感じさせやすい。原因の改善も出来る。

 

デメリット

・モチベーションが保ちにくい。

・相手に新しい恋人が出来る可能性が相対的に高い。結婚されるリスクも倍増する。

・冷却期間を長く置いた場合のメリットも、会った時の対応で失敗すれば台無しになることもある。

 

こんな感じですね。

長く置けばいいってものでもないのですが、特に相手からの印象が悪い場合や、原因が深刻な場合は、どうしても冷却期間を長く取らなければなくなります。

 

まとめ

冷却期間は、長く置けばいいというものでもなく、かといって短ければいいってことでもありません。

双方にメリットとデメリットがありますから、今のご自身の状況を考えて、どれくらいの期間が良いのかをリスクも含めた上で考えるようにしましょう。

下記の記事は冷却期間を決める際に参考になると思います。

冷却期間の期間の見極め方


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ