男性心理を利用した冷却期間の置き方

今回は、人気の心理ネタです。男性心理を利用した冷却期間の置き方になります。男性は単純です。その単純さをどれだけ利用出来るか。ということがこの考え方の基本となります。


 

 男性心理の基本のき

まず、男性心理の基本を抑えておきましょう。

 

・男性の恋愛の仕方は狩猟型。好きなのは追いかける恋愛。

いわゆる草食系は、追いかけたいけど自信がなくて追いかけないだけだと考えたほうが良いです。

追いかけさせることが出来るかどうかが、復縁できるかどうかの鍵です。

 

・追いかけられると逃げるか都合良く扱うかどちらか。

男性は、合理的なので無駄なことはしません。追いかけなくても努力しなくても、ちょっと手を伸ばせば手に入る程度の相手に対しては何もしません。むしろ逃げることもあります。

釣った魚には餌はやらない。とは言いますが、付き合った後に明らかに「私に対してしてくれることが減った」ような元カレの場合は、この傾向が強いと言えるでしょう。注意。

 

・無駄なことはしない。

上でも紹介しましたが、男性は合理的で無駄なことはしません。

逆に言えば、男性の行動の全てには意味や意図があります。

意味や意図があるので、相手の心理を分析するのはとても簡単なのです。

良く、振られた=嫌われた。というように主観で判断する女性がいますが、こういう判断の仕方は非常に良くないです。決して自分の主観で判断せず、客観的な根拠に基づいた判断をするようにしましょう。

 

冷却期間の効果を男性心理を利用して最大限にするには?

・ 最後は縋るよりも、引くほうが良い。

別れ際、自分の別れたくない気持ち、相手のことがどれだけ好きかということを伝えることは大事です。しかし、これはあくまで自分の気持ちを伝えるだけに留めるべきであって、相手の行動を制限するような事になってはいけません。

私は別れたくない。

(あなたは私を)別れないで。捨てないで。

の違いですね。

これを間違えると、縋ってしまい、相手に悪い印象を与えてしまいます。

 

冷却期間による相手の心理変化についてでお伝えしていますが、最後の印象が良いか悪いかが冷却期間にとって重要ですし、

ここから重要ですが、

相手の別れに対して同意するということは、自分も相手を振る事と似たようなものなのです。

振るよりも振られたほうが引きずります。

別れに同意をしっかりすることで、振った相手も振られたような喪失感を感じることになります。立場的にもイーブンになります。

表題では引くと言いましたが、別れに同意して自分からさようなら。やありがとう。じゃあね。というような事が言えれば言えるほど、その後の相手のあなたへの未練や別れに対する後悔を感じやすくなります。

冷却期間が短い場合でも復縁は可能です。でもお伝えしていますが、人は錯覚します。

最初に、自分の好きな気持ちを精一杯伝えれば伝えるほど、その後に別れに同意する時の温度のギャップが強くなります。このギャップが強ければ強いほど、その後の冷却期間に元カレの中にあなたへの未練を感じさせられる可能性は高まりますので、効果的です。

 

・断ち切った感を更に強調するには?

こういう事をお伝えすると、相手が別れたい。と言った時に、あ〜、私も丁度別れたいって思ってたんだよね。別れようか。

なんていう感じにすればいいんじゃないか。とおっしゃる方がいます。

確かに、これもひとつの方法ではありますが、男性はプライドが高いので、これをされると攻撃的になるパターンが多いです。

男性のプライドの高さを利用すると、こういった別れ方が最高になります↓

彼が「別れよう」と言う。彼に別れの理由を説明してもらう。

私が「どれだけ好きか。大事か。」を伝える。

彼が「気持ちは嬉しいけど、いまさら遅い」とかそれっぽい事を言う。

私が「そうだよね。分かった。受け入れる。」と別れに同意。

〜3日〜1週間後落ち着いた後に忘れ物の受け渡しで会う。〜

明るく私が今までの感謝などを伝える。

出来る限り、この時の雰囲気は付き合っている頃のような雰囲気が良い。

最も良い流れは、最後に軽くデートするような感じ。雰囲気次第では、「最後にちょっと◯◯行こうよ」というような感じで提案してみましょう。

この時の雰囲気が和やかでまだ付き合っている頃のような雰囲気であればあるほど、良いです。

デートor受け渡しが終わったら、じゃあね。と笑顔でバイバイする。

この時に手紙を手渡しするか、メールを送る。

内容は、反省と感謝。

反省はそこまで強調することは必要ないので、感謝をガッツリ書きましょう。

 

ここまで出来ると、相手のあなたへの印象は非常に良くなっているはずです。

 

まず、別れに同意した事で、彼も喪失感を感じます。

そして、3〜7日空けることで、この喪失感やセンチメンタルに浸って貰います。

忘れ物の受け渡しで、会った時、付き合っているような雰囲気で会う事で、喪失感があったぶん余計に、この時間を愛おしく感じるのです。

そして、トドメの、感謝。

これは、私はもう次に進むから。という意思表示にもなります。

これを読んだ時、彼の中のあなたへの喪失感は最大限に強くなるでしょう。

 

まとめ

男性心理は単純なので、あなたがテンパったり冷静さを失ってわない限りは、普通にコントロール出来るはずです。

難しく考えずに、彼の行動に対して、こう行動したってことは、こういう理由からだよな。と推測するくせをつけると、彼の行動や心理をコントロールすることが出来ます。

この状態になれば、彼の恋愛感情を高めるためには何をすればいいか。というような事がパッと浮かぶようになるでしょう。

復縁に大事なのは、相手の心理をコントロールする感覚ですから、相手の行動の理由を考えることを意識して今後の復縁活動をして頂ければと思います。


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ