別れをあっさり受け入れると復縁が成功するは嘘

復縁したいなら別れをあっさり受け入れるべきってノウハウが出回っているみたいですが、それは嘘です。今回は、別れをあっさり受け入れた場合のメリットとデメリットを解説します。復縁を目指したい方はぜひ参考にして下さいね。


 

別れをあっさり受け入れた場合の相手の心理の動き方。

彼氏「ごめん。実は別れたいんだ。」

私「あ、そうなんだ。分かった。今までありがとう。じゃあね。」

特に、メールで別れを切り出された場合、こんな感じで即答で終わらせてしまう場合が結構あります。正にあっさり。

まず、相手は別れを告げる時は罪悪感や気まずさを感じています。

あなたがこんな風に即答で快諾した場合、相手の心理から罪悪感は吹き飛びます。だって、あなたは全然傷ついているような素振りを見せないわけですから。

相手が流されやすくMっぽい場合であれば、「俺の事そんなに好きじゃなかったってことか。そんなのは嫌だ。やっぱりやり直したい。」となる可能性も無いわけではないですが、

こういう事になる可能性は非常に低いです。

普通は

「あーあ、怒らせちゃったかな。まあでも別れるんだし、これでいいよな。」

とか

「なんだよ。俺の事なんてたいして好きじゃなかったんだな」

こんな感じになるでしょう。

 

これでは、あなたに未練が芽生える可能性は(相対的に)低いです。

 

かと言って、しつこいのもダメ。

 

じゃあ、あっさり受け入れない。しつこく縋る方がいいか。と言えばそんな事は全くありません。

しつこくしてしまうと

相手の罪悪感が、「あなたを面倒に思う」「警戒心」「不信感」などに変化してしまいます。

要は、バランスが大事なのです。

 

相手の別れの意思を尊重しつつ、自分の意見を述べるのが理想。

別れたい。と言ってくる相手に対して、それは嫌だ。と伝えたところで、「じゃあ、やっぱり別れるのはやめよう」というようにはなりません。

相手は、別れよう。と言った時に、どう反応されるかをある程度予測しています。

大方は、あなたが感情的になってしまうかもしれない。あなたが別れに対して反対するかもしれない。俺のことを批難するかもしれない。

とかこんなところだと言えるでしょう。

こうやって、予めあなたの対応を予測しているのですから、その予測をいい意味で裏切る事で、相手の心理を動かすことを目指していきます。

詳しくは、別れ回避の法則!で解説していますから、この記事を読んで頂きたいですが、

相手の別れの意思に対して、それを受け入れつつ、自分の意見を伝えていく。というのが最も優れた対応の方法だと言えます。

参考記事:別れ回避の法則!

 

あっさり受け入れるのは危険なので辞めましょう。

相手に後悔させたい。

復縁したい。

こういった意図で、あっさり別れを受け入れる方がいますが、これを目的とするなら、あっさり別れを受け入れるのは、絶対に避けるべきです。

いい女(男)だなあ。

こんなに素敵な人を振ってしまうなんて、俺(私)は最悪だ。

こんな風に、罪悪感を更に大きくして、相手のあなたへの印象を最大限高めた上で、

最後の最後だけはサラッと相手の前から去る。

これが、もっとも良い方法です。

具体的なやり方は、上記の別れ回避の法則!で解説していますので、割愛しますが、

あっさり別れを受け入れる。というのは私からすればかなり微妙な対応方法。中の下くらいの対応だと思っていますから、

積極的にこのような対応を選択するのは絶対に辞めましょう。


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ