着信拒否から復縁する方法

今回は、着信拒否から復縁する方法を解説します。着信拒否をされてしまった場合、どういった方法で着信拒否を解除させるのか。

もしくはその他の手段で連絡を再開するにはどうしたらいいか。ということを解説します。


 

着信拒否には2種類あります。

同じ着信拒否でも、2種類に分類することが出来ます。

 

・あなたへの嫌悪感が強すぎて着信拒否。

・あなたに「もう諦めて欲しい」というメッセージとしての着信拒否。

 

これのどちらかなのかによって、復縁しやすさ、連絡の再会しやすさは大きく変わってきます。

 

あなたに「もう諦めて欲しい」というメッセージとしての着信拒否の場合

この場合は、連絡の再開は比較的容易です。

一言で言えば、「もう私は諦めたよ」っていうメッセージが相手に伝わりさえすれば、用事さえあれば普通にメールは出来ます。

具体的にどうするか。

もう、私は前に進む。ということを感謝と共に相手に伝える。(メールが好ましい)

そして、冷却期間を2〜3ヶ月程度置き、事務的な内容でメール等で連絡する。

これでOKです。

 

あなたへの嫌悪感が強すぎて着信拒否された場合。

この場合がなかなか難しいです。この状況から普通に連絡を取り合えるようになる人は10組に2組くらいです。

嫌悪感の理由にもよりますが、大体は別れ際にしつこくしすぎてしまった。という事にあると思います。

嫌悪感を払拭するには、謝罪と冷却期間です。

と言っても、嫌悪感が強すぎる場合、謝罪の手紙を送っても破り捨てさられたり、メールを送ろうが、読まずに削除というようなパターンも十分に考えられます。

ですから、現実的には冷却期間を置くのみ。これしか出来ません。

1年〜2年の冷却期間を置いた後、事務的な内容で連絡をする。というようなやり方がベター。

ただ、相手の性格や嫌悪感の理由、着信拒否までの経緯によっては、打開策があることもありますので、どーしようもなく困っている場合は相談して下さい。


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ