新しい彼氏がいる場合、冷却期間を置くべきか否かについてまとめ

元カノに新しい彼氏がいる場合、冷却期間を置くべきか、置かなくても良いのか。など、新しい彼氏が居る場合の冷却期間についてのノウハウをまとめました。

元カノに新しい彼氏が居る場合の冷却期間は必要か不必要か。

多くの場合冷却期間が必要です。

女性は好きになったら一直線で、他が見えなくなってしまいがちですから、そういう場合に冷却期間を置かないで連絡を取っていると、「しつこい」「うざい」というように不快感を与えてしまったりする場合が多くあります。

ですから、元カノに新しい彼氏が居る場合は、冷却期間を置くようにしましょう。

 

冷却期間は最低3ヶ月は必要。

彼氏に夢中な状況がずっと続くと言えばそういうわけでもありません。

もちろん相性などに左右されますが、3ヶ月程度で付き合いの当初のような強烈ドキドキは薄れてきます。

ですから、最低でも新しい彼氏と付き合いだしてから3ヶ月は冷却期間は取る必要があります。

 

キーワードは不満や寂しさ。

女性に浮気心や他の男性への恋愛感情が芽生える理由は、不満や寂しさが原因である場合が最も多いです。

元カノに彼氏がいるのに元カレである自分に連絡をしてくる。というような場合は、大抵のケースで、今の彼氏に不満があったり、寂しさがあり、その不満や寂しさを一時的に埋めたくて連絡をしてくる場合が多いです。

ですから、チャンスが訪れるのは、元カノと今の彼氏の関係性にヒビが入る、不満を感じるようになってからです。

逆に言えば、今の彼氏との関係性が良好で不満がない状況では、復縁は難しく、アプローチしてもうまくいかない場合が多いです。

 

寂しさを感じた時に連絡をもらえるような距離感がベスト。

さて、元カノが彼氏に対して不満を感じたり、寂しさを感じた時に、連絡をもらえるような距離感を保っているのが復縁には最も理想的な関係性だと言えます。

その為には、元カノに対するリスペクトが予め元カノに伝わっており、元カノがあなたの事を頼れると感じているような関係性を作っておくことが必要です。

付き合っている当時からこういった関係性が出来上がっていたのであれば、「別に俺は元カノであるあなたからメールや電話を貰っても不快ではないよ」というメッセージが元カノに伝わってさえいれば、元カノから連絡をもらうことが出来るでしょう。

元カノに対してのリスペクトを伝えるのは、元カノのことを褒めて尊重してあげれば大丈夫です。

元カノがあなたのことを頼れないと感じている場合、付け焼刃的なものでは、印象の変化は難しいですから、じっくり時間をかけて元カノがなぜあなたを頼れるとは思えないのか。という問題をクリアーすべく努力をしていきましょう。

 

まとめ

冷却期間はとりあえず3ヶ月程度が良いです。

ただ、元カノから普通に連絡が来る場合は無理に冷却期間を置く必要はありません。そのまま適度に連絡を取り合っていれば良いです。

冷却期間空けの連絡に関しては、まずは様子見からになります。質問メール等の事務的なメールで連絡をしてみて、相手の様子を伺ってみましょう。

連絡をこちらからすることで、「連絡をしてもいいんだよ」ということは相手に伝わりますから、後は関係性が悪化するのを待つ。というような形が基本になります。

連絡が来たら、ビッグチャンスですが、余り時間をかけるものではないので、連絡が来て彼氏の愚痴などを聞く。という状態から、早めに会ってクロージング(口説く)まで出来るように、シュミレーションをしておきましょう。

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。