冷却期間の本当の意味

冷却期間の意味ってご存知でしょうか?「復縁したいならとりあえず冷却期間を置け」って本やマニュアルに書いてあったから、特に意味も考えずに、冷却期間を置いている。って人、結構多いです。今回は、冷却期間の本当の意味について解説します。

冷却期間はどうして置くのか?

冷却期間の効果については以前、冷却期間の効果まとめで紹介させていただいたので詳しくは書きませんが、ここではもっと分かりやすくズバリ言います。

冷却期間は、出会った頃の2人の関係性に戻すために置くのです。

 

出会った頃は、お互い何も知らないですから、悪い部分は見えてませんでした。

付き合ったらうまくいかないんじゃないか。こんな不安を抱えて付き合う人は殆どいませんから。

でも、実際に付き合っていくと3ヶ月も過ぎれば、相手の悪い部分が見えるようになってきます。悪い部分が見えるようになってくると、冷静になって、「このまま付き合っていて良いのだろうか」というような将来に対する不安を感じるようになります。

そして、別れに至ってしまうのです。

一度、別れてしまったのですから、何もしないで普通に復縁を申し出ても、「付き合ったって同じことが繰り返されるだけだ」と思われてしまい、断られてしまうのは当然ですね。

これは、あなたの悪い部分を明確に理解しているので、うまくいかないことが容易に想像出来てしまうからです。

 

あなたが相手に「復縁したい」と申し出た時に、

相手が、あなたの悪い部分への印象や、それによって起きる未来への悪い想像をしないようにする。つまり、出会った頃のようなあなたに対する不安や悪い印象がなく、刺激やドキドキによる感情の高まりによって、独占欲や所有欲を最大限に引き出す為に、

冷却期間を置くわけです。

 

忘れさせる事が大事。

出会った頃の2人のような関係性に戻すためには、あなたのことを忘れてもらう必要があります。

忘れられる。というとネガティブに受け取る人が結構多いですが、忘れられる事は良いことです。

忘れられるから、新鮮な気持ちで再会でき、適度に緊張感が生まれるのです。

変わったな。と思ってもらいやすく、あなたの変化に驚きを感じさせやすくなります。

 

忘れられるのが怖い。こういう感覚をお持ちの方は多いと思いますが、あなたに対する悪い印象や別れの理由なんかは忘れてもらわないと、関係性のリセットなんて出来ません。

もう一度、好きになってもらうためには、記憶の上塗りが必要なのです。

 

忘れられることをポジティブに考えて頂ければと思います。

 

冷却期間なんて大事じゃない。

さて、ここまで書くと冷却期間って大事なんだな。忘れられることって大事なんだな。と思う方が多いと思います。

でも、こればかりに固執するのは良くありません。

これ以上に大事なのは、再会時に相手に与える印象です。

結局、冷却期間をいくら置いても再会時に相手に大きなインパクトを与えることが出来なければ、冷却期間なんて無駄です。

 

出会った頃の2人の関係は、

新鮮で刺激があり、緊張感のある関係性ではなかったでしょうか。

 

でも、再会時にあなたの外見や内面の変化に乏しければ、新鮮さも刺激も緊張感も芽生えません。

 

極端な言い方をすれば、冷却期間なんて一切おかずに、相手に新鮮さや刺激、緊張感を感じさせることが出来るのであれば、それで構わないのです。

 

冷却期間は、あくまでも補助的な役割ですから、冷却期間に固執し過ぎるのも危険なので注意しましょう。

 

冷却期間に相手から連絡が来たら脈アリなので攻めるべし。でもお伝えしましたが、冷却期間中に相手から連絡が来れば冷却期間なんて終わらせてガンガン攻めていくべきです。

冷却期間はあくまで補助なので、臨機応変に冷却期間の期間や考え方は変えていきましょう。

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。