冷却期間がいらない復縁方法

復縁をしたいなら冷却期間は絶対置かないとダメ?いえいえ、そんなことはありません。今回は冷却期間がいらない復縁方法を解説します。

普通に冷却期間がいらないパターン

「それ、冷却期間いらないですよ」っていう状況がありますので、まずこれについて説明していきます。

下記のどれかが該当している場合は、冷却期間なんて必要ありません。ガンガン行きましょう。

 

・別れてからも相手から普通に連絡が来る場合。

この場合は、相手に未練があるのは間違いないです。駆け引きのチャンス。もうあんたには興味ないのよ。風な気持ちをベースに持ちつつも、好意的に対応するとGOOD!(具体的に言えば、褒めたり喜んだりするが、長い時間のおしゃべりはしない。サクッと自分でコミュニケーションを終わらせる等)

逆に、付き合っていた頃のような対応をしていると、都合良い女(男)化してしまって、自分の価値を落とすことになり兼ねませんので注意。

 

・嫌われていないし、原因の改善が即座に可能な場合。

別れの原因があまり深刻ではなく、また別れ際に相手があなたに対してネガティブな印象を持っていない場合は、冷却期間を置く必要は特にありません。

ただ、相手をドキドキさせることが困難なこのままでは場合、少し時間を空けることで緊張感を生ませるような戦略を選択するのも悪くはないですが。

 

上記の2つの場合は、冷却期間を置く必要性は必ずしもない状況だと言えます。

じゃあ、この2つの場合以外は冷却期間を置かなければならないのか?

と言えば、そうではありません。

冷却期間を置いたほうが安全ですが、冷却期間を置かずに復縁を前進させることも可能です。その分、リスクや難易度は高いですが、不可能ではありませんから、今からその説明をしていきます。

 

相手の感情を180度変えればいい。

冷却期間を置く目的は、あなたへの悪い印象などを忘れさせるため、また自分磨きの為の時間だったりします。

冷却期間を置かずに復縁するためには、一気に印象を変えてしまうような、駆け引き的なコミュニケーションであったり、見せ方の工夫によって、時間をかけずに冷却期間の目的を達成してしまえば良いわけです。

特にこの方法は、感情が揺れやすい性格、優柔不断で流されやすい性格、というような相手に効果的です。

 

感情を動かしやすい状況さえ作れば、冷却期間を置く必要はなくなる。

なぜ、冷却期間を置くか。というと別れた後すぐは、相手はむちゃくちゃ冷静で、感情がビクともしない場合が多いからです。

こちらがすがれば、「これ以上俺に構うな」と、相手の心は鉄のように硬く冷たくなりますし、押してもどうにもならないわけです。

 

ですが、別れの直後でも、相手の感情をガツガツ動かして未練を大きくする方法はあります。

 

それは、「引くこと」です。

別れを受け入れ、相手の新しい恋愛を応援するような姿勢で、相手を送り出してあげるのです。

 

これによって、相手の感情は揺れやすくなります。

ですから、別れ際の対応で、特に感謝を伝えて相手の今後の飛躍を応援する。自分が辛いとか寂しいとかそういうことは二の次で相手のことを労うことで、冷却期間を置かずに復縁を進められる基礎が作れると言えます。

 

冷却期間を余り置きたくないのであれば、別れは受け入れて相手のことを第一に考えて感謝を伝えるなりしていきましょう。

 

錯覚させることで冷却期間と同等の効果を得る。

人間は錯覚します。

この錯覚を利用して、冷却期間と同等の効果を得てしまおう。という考え方です。

最もポピュラーな錯覚のさせ方は、ギャップです。

例えば、

見るからに優しそうな人が、道を譲ってくれた場合と、

一見怖そうな見た目であったり、怖そうな雰囲気の人が、道を譲ってくれた場合だと、

大体のケースで、後者の方が、「この人優しい!」と感じます。

同じことされているのに、前提が違うだけで随分感じ方は変わってきます。

想像と思い込みとのギャップがあればあるほど、人は錯覚をするのです。

 

別れ際の話で言えば、普段はワガママ放題だった彼女に別れを告げたら、

「絶対にわーわー言うと思っていたのに、自分の否を侘びて、自分のことをすごく気遣ってくれた。俺が別れたいと言う事も勇気が言っただろう。とかそんな所まで気を遣ってくれた。」

こんな対応をされたら、そのギャップにグッと来てしまい、今までの彼女のわがまま放題の印象は一気に薄れます。

そもそも、こういうギャップに男性は弱かったりしますが、

今までの彼や彼女に対する対応や、彼や彼女が自分のことをどんな人間だと思っているのか。というような事がわかっているなら、ギャップを作り出すのは簡単です。

このギャップを、何かしらの接点を持った時に見せることが出来れば、悪い印象を一気に変えてしまうことは可能です。

 

まとめ

いかがでしょうか。

冷却期間を置けと言われても、1年も待つのは無理だ。とか、冷却期間中に新しい彼女や彼氏が出来たらどうしよう。というような不安がある方は多いと思います。

実際、冷却期間中に相手が結婚してしまった。なんていう例も多くありますから、冷却期間を置かずに関係を進展させられるなら、それに越したことはありません。

その為に、今回の記事が少しでもあなたの助けになれば良いと思います。

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。