冷却期間が一ヶ月で良い場合

冷却期間は3ヶ月、半年、1年と言うような事を主張する人やサイトが多いですが、状況によっては冷却期間は必要なかったり1ヶ月程度の短い時間でも大丈夫な場合も結構あります。自分の状況から自分で期間を考えることが大事ですから、この記事で冷却期間の考え方を学んで頂ければと思います。今回は冷却期間が一ヶ月で良い場合について解説します。

冷却期間が一ヶ月で良いのは、関係性が良好で別れの理由が軽めな場合

冷却期間の役割については、冷却期間の効果まとめ冷却期間の本当の意味を読んで頂ければお分かりになると思いますが、相手側を見ると自分の悪い面や印象を忘れさせる役割、こちら側を見ると落ち着いて冷静になり自分磨きを行うというような役割があります。

冷却期間が一ヶ月で良い場合とは、別れ際の関係性が良好で、一ヶ月程度期間を空ければ相手の中にあるこちらの印象が悪くなくなる。原因が比較的軽く、簡単な自分磨きや意識改革によって改善が可能な場合です。

付き合いの期間が2〜3ヶ月と短い場合は、こういった状況にある可能性が高いです。

 

緊張感やドキドキ感の不足が大敵

前述のように冷却期間が一ヶ月で良い場合だとしても、一ヶ月ではどうしても、緊張感やドキドキ感が不足しがちです。

一年や二年ぶりに会えば、いい感じにお互いの距離感を忘れていますから、緊張感やドキドキ感は芽生えますが、さすがに一ヶ月会わないくらいでは、緊張感やドキドキ感は芽生えにくいです。

ちょっと話しただけで、感覚が戻ってきて、緊張しなくなる。こういった状況に陥りがちです。

ですから、冷却期間が必要ないと言っても、緊張感が必要だと思い会わない連絡を取らない期間を余計に取る。ということを考えることも大事です。

緊張感に関しては、もちろん期間を空けることで、芽生えやすくはなりますが、それ以上に、お互いの関係性の問題の方が重要な場合が多いです。

上下関係が出来てしまっている、相手がこちらの恋愛感情に気づいている、相手のことを追いかけてしまっている、などの要素が、緊張感を無くし、ドキドキさせにくくしてしまう大きな要因ですから、

この辺りの要因を改善する努力が必要でしょう。

追いかけないようにするというのは基本ですが、舐められたりしないように、ボロが出ない程度の短時間でしか会わない。だとか、優柔不断な態度は取らないようにする。などの対応を心がけていきましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。

冷却期間が一ヶ月で良いのは、関係性が良好で別れの理由が軽めな場合です。お付き合いの期間が短い時はこの状況である可能性が高いです。冷却期間を短めに設定するのにメリットもデメリットもあるように、冷却期間を長めにするのにもメリットもデメリットもあります。双方の特徴をよく理解した上で、ご自身に合った冷却期間を決めて頂ければと思います。

 

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。