復縁したい彼女に対して冷却期間を置く場合の注意点

彼女と別れてしまった。復縁したいけど、冷却期間はどう置けばいいのだろうか。注意点などはどんなものがあるだろうか。というようなご相談を頂く場合が多いので、彼女に対して冷却期間を置く場合の注意点などをまとめました。

彼女と復縁したいなら、冷却期間を置く前にやっておきたいこと。

冷却期間はあくまでも補助的な役割。冷却期間を置く前に何をしているかによって、その効果は大きく変わります。

ですから、まずは、冷却期間を置く前にやっておきたいことを説明します。

ここで抑えておきたいのは、

人間は、辛い時に何をされたか。というような自分が苦しい時にされた他者の対応に関する印象と、最後にコミュニケーションをとった時の印象を、その相手の印象として認識しやすいのです。

 

自分が仕事で苦しい時に、おもいやりのない対応をされた。

自分が精神的に辛い時に、優しくしてくれた。

最後に会った時に、酷いことを言われた。

別れ際に、すごく誠実な対応をしてくれた。

 

こんなふうに、自分が追い込まれた時と、最後に接した時の印象をそのままずっと相手の印象として引きずりやすいわけです。

 

この側面から見ると、復縁しやすい人とは、

 

相手が辛い時こそ、相手を思いやって余裕のある対応ができた

彼女との別れ際に彼女が別れる辛さから泣いていた

 

こういう事が出来たか、こうした状況を作ることが出来たか

ということがかなり重要です。

 

別れ際というのは、こちらも辛いですが相手も辛いです。

ですから、この時にどれだけ余裕を持って相手を思いやりながら対応することが出来るかどうかが、その後の復縁の可能性を高められるかどうかにおいて非常に重要です。

冷却期間を置いた場合に、相手にあなたへの未練が芽生える可能性が高まりますから。

 

冷却期間はどの程度の期間が必要か?

ここで大事なのは、中途半端に置かない。ということ。

女性は直線的なので、大丈夫かダメかはハッキリしています。ですから、置くなら置くで1年〜3年程度はガッツリ置くべきです。

中途半端に半年程度置いて、連絡を再開したら拒絶された。なんて事は結構多いです。こうなるともう復縁は諦めたほうがいいという状況になってしまいます。警戒されすぎてしまいますから。

相手からの印象が悪い場合、別れの理由が深刻な場合などは、冷却期間はガッツリ置くようにしましょう。

詳しくは、【男向け】復縁のための冷却期間の置き方を御覧ください。

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。