ケンカしても大丈夫!冷却期間で復縁!

彼氏とケンカ。このまま別れたらどうしよう。彼女と喧嘩をして無視されている。などなど、恋人とケンカをしてしまった場合、あなたならどうしますか?

今回は、ケンカには冷却期間がとても効果的だよ。という話をします。

彼氏とケンカした場合

彼氏とケンカをしてしまい、すぐには仲直り出来なかった場合、下記の3つのパターンが想定できます。

 

・彼氏の怒りはポーズ。あなたに反省や後悔をして欲しいという意思表示。

・彼氏の怒りはプライドから来るもの。プライドの傷つきが癒えるまでは振り上げた拳は下ろせません。

・彼氏の怒りはあなたへの嫌悪感。

 

このどのパターンだったとしても、時間を空けることが重要です。

・彼の怒りがポーズだったとしたら、あなたがちゃんと反省している姿を見せなければいけません。その為には、誠実な謝罪を行った上で、時間を空けることが重要です。

・彼の怒りがプライドから来る場合、謝罪をしつこくしても、火に油を注ぐばかりです。些細な事にすらイライラしてしまうようなセンシティブな状況ですから。この場合も、誠実な謝罪をした上で、時間を空けること、そっとしておくことが大事です。

・彼の怒りがあなたへの嫌悪感の場合、いわゆる生理的に嫌だ。というような状況です。この場合は、時間を空けてあなたへの嫌悪感を緩和することが必要です。

 

しつこくすることよりも、一発で相手の心に響く謝罪が出来るかどうかが重要です。

 

彼女とケンカした場合

次はあなたが男性で、彼女とケンカした場合です。仲直りがすぐに出来ず、相手が怒っている場合。

相手が女性の場合はハッキリしていて、嫌だからです。それ以上でも以下でもありません。

 

そして、対応策としては、

相手が求める言葉を投げかけられるかどうか。

そして、その言葉を投げかけた後に、静かに出来るか。です。

 

まず、なぜ彼女が怒っているのかを冷静に分析します。ここでミスすると取り返しがつかなくなりますので、慎重に。

 

相手の怒っている理由が分かったら、それについて謝罪をしましょう。

ここで、「私が怒っているのはそういう理由じゃない。」と思われてしまうと、彼女との関係は更に険悪になってしまいます。

 

また、謝罪をする場合、会ってするのがベスト。それが無理なら電話。それがダメならメールです。

 

謝罪をした後は、しつこくせず、静かにしましょう。

 

一番ダメなのは、謝罪も何もせずに、ただ期間を空ける。ということ。

女性の怒りは、期間を空けただけでは、鎮まりませんから、更に状況を悪化させてしまう可能性が大です。

 

謝罪をした後に期間を空けるようにしましょう。

 

まとめ

ケンカをした後は、メリハリがとても大事。

誠実に謝罪をする。この時は熱量はガッツリあったほうがいいです。

心をこめて、泥臭く謝罪をし、その後は静かにしましょう。

この温度差が相手を冷静にさせ、あなたと向き合いやすくしてくれます。

ケンカしたら謝罪の後に冷却期間。これを徹底しましょう。

 

ただ、ケンカを何度もしていると、そのうちこの方法も効果がなくなってくるので、ケンカはほどほどに。

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。