冷却期間後に告白する前に確認したい事

冷却期間後に告白するぞ。と決めている方、告白のその前にこの記事をちょっと読んでおきましょう。

冷却期間はあくまで補助。

冷却期間を置けばいいというものではありません。

冷却期間はあくまで補助です。

具体的に言えば、相手があなたへの悪い印象を忘れて、あなたの変化に対してポジティブに捉えることができるようになる。ということです。

結局のところ、大事なのは

冷却期間後に、変化を相手に感じさせることが出来るかどうか。

それによって、「いま付き合えば、前みたいな失敗はしないだろう。」と思わせることが出来るか。

また、「ドキドキ」といった刺激を相手に感じさせることが出来るかが重要です。

 

冷却期間後すぐに告白するのはNG

冷却期間後にすぐに告白するのではなく、変化をアピールし、相手がこちらに好意を示してからにしましょう。

具体的に言えば、冷却期間後に相手に連絡し、2〜3回会った後に告白。

これくらいが良いでしょう。

あなたが女性の場合は、相手に告白をさせるように仕向けるのが無難です。

自分から告白をする場合は、失敗率が高いので出来れば避けましょう。

 

大事なのは変化。自分磨きが重要。

冷却期間が重要なのではなく、冷却期間後にどれだけの変化をアピール出来るかです。

冷却期間に、別れの原因になった要素は全て排除し、外見も内面も大きく変化出来るように自分磨きを頑張りましょう。

久々に会った友人に「変わったね!」と言われるくらいじゃないと、変化は不十分だと言えます。

 

追いかけるのはNGです。

冷却期間が空けてから、相手と会うようになった場合、注意しなければいけないのは、追いかけ過ぎないこと。

つまり、あなたの恋愛感情が相手に伝わりすぎないように注意しましょう。

例えば、会った時に、相手が帰ろうとしたら寂しそうにしたり、相手が帰るわ〜。と言う前に自分からそろそろ帰るね〜。と言えるかどうか。

相手に合わせすぎたり、相手に求めすぎたりすると、あなたの恋愛感情は相手に筒抜けになってしまいます。

結果的に相手に舐められたり、相手をドキドキさせることが出来なくなってしまい、復縁はうまく進まないでしょう。

ですから、冷却期間を終えたとしても、相手のことを追いかけ過ぎないように冷静さは失わないようにしましょう。

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。