恋人と復縁するために冷却期間は本当に必要なのか?

恋人と復縁するために冷却期間は本当に必要なのか?冷却期間を置かないで復縁する方法があるんじゃないか。そんな風に思われる方は、この記事を読んで冷却期間が自分に必要かどうかを一度真っ白な頭で考えてみてはいかがでしょうか。

冷却期間は魔法ではない。

このサイトでは何度も伝えてきていますが、冷却期間は魔法のようなものではなく、あくまで補助的な役割です。

相手と再度普通に会ったり話したりすることが出来るようになるための補助です。

冷却期間を置けば全てがうまくいくと言えば間違いなのです。

 

冷却期間を置いて後悔した人も多く居ます。

冷却期間を置いて後悔した人は少なくありません。

多くの方は、冷却期間を置いている間に相手に新しい恋人が出来てしまった。ということ。

冷却期間を置くのであれば、相手に新しい恋人が出来る事は覚悟して置くべきでしょう。

 

詳しくは

冷却期間を置いて後悔したこと。

を御覧ください。

 

冷却期間が絶対に必要な場合は、相手に無視・拒絶されている場合。

冷却期間が絶対に必要なのは、嫌われてしまっていたり、無視や拒否をされてしまっている場合です。

この場合は、多くのケースで何をしても関係の修復は難しいです。謝罪をして冷却期間を置くしかありません。

逆に言えば、こういった状況でなければ、冷却期間を必ず置かなければならない。ということではないのです。

 

積極的な冷却期間と、消極的な冷却期間の違い。

冷却期間を置く姿勢には、2種類あります。

それは、積極的な冷却期間と、消極的な冷却期間です。

消極的な冷却期間は、「もうどうしようもないから、期間を空けるしかない。」というようなネガティブな発想から出てきたもの。

積極的な冷却期間は、「冷却期間を置くことで、その期間で自分磨きをして、ギャフンと言わせてやる。」というようなポジティブな発想から出てきた感じ。

消極的な姿勢での冷却期間の場合、私が知るかぎりは上手くいったケースは殆どありません。

復縁が成功している人の多くは、積極的な姿勢で冷却期間を置いています。

 

冷却期間を置かないで復縁するには、駆け引きや見せ方の工夫が必要。

冷却期間を置かずに復縁することも可能です。

しかし、その場合、相手の心理を揺さぶるのはすごく難しいです。

冷却期間を置けば、久々の再会の時に相手がドキドキしてくれたり緊張してくれることが多々ありますが、冷却期間を置かない場合は、相手を緊張させたりドキドキさせるのは至難の業です。

しかし、復縁を成功させるのであれば、相手をドキドキさせなければいけません。

その為には、中途半端な行動はしてはいけません。

メリハリのある見せ方や行動が必要です。

別れたことをしっかり受け止め、割り切り、相手との今までの関係を中途半端に引きずったりしないようにしましょう。

また、駆け引き的な行動も必須だと言えるでしょう。

 

まとめ

冷却期間を置くか置かないか。

置いた場合のメリットとデメリット、置かなかった場合のメリットとデメリットは真逆です。

今の自分では復縁は難しい。そう思うのであれば、素直に冷却期間を置いて自分磨き。

今の自分でも復縁は可能だ。相手をドキドキさせることができる。そう思うのであれば、冷却期間を置かないというのが、シンプルな考え方だと言えるでしょう。

 

 

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。