冷却期間を置いて後悔したこと。

復縁するなら冷却期間を置けって言う人が多いですが、冷却期間を置いて後悔や失敗した方も当然居ます。

今回は、冷却期間を置いて後悔した。という方からのメッセージをご紹介します。

冷却期間を置いたら結婚されてしまった…。

彼と別れて1年間冷却期間を置きました。

久々にFacebookで彼を見たら、ステータスが「既婚」に変わっていました…。

冷却期間中はFacebookは見ないようにしていたし、相手の情報も入れないようにしていたので、突然のことにショックで茫然自失…。

この一年間、自分磨きを死ぬほど頑張って来たし、やっと自分に自信が持てるようになってきたのに…。

冷却期間を置かずに行動していれば、まだ違ったのかもしれない。と後悔ばかりしています…。

 

冷却期間を置いても、何も変わらなかった。

冷却期間を2年間置きました。

でも、メールをしても無視。会うことすら出来ませんでした。

最初のメールが良くなかったのかもしれないけど、これだけ期間を空けたのに相手と会話することも出来ず…。

今はもう諦めましたが、この2年間はなんだったのか…。

 

冷却期間を置かなければ良かった…。

別れ際に喧嘩をしたので、冷却期間を置くことにしました。

でも、この冷却期間が裏目に出てしまいました。

彼からすれば、連絡をいきなりしなくなるのが、自分なんてどうでもいいんだ。と感じてプライドが傷ついたようです。

彼にとっての怒りや喧嘩は、「私に謝って欲しい」「私に後悔して欲しい」とか、そういう気持ちからだったようです。

だから、私が冷却期間を置いたことで、彼は冷めてしまったようです。

これは共通の知人に聞いた話なので、本人が本当にそう思っているのかは定かではないですが、こんな事なら冷却期間を置かなければ良かった。と思いました…。

今は彼には新しい彼女が居て、私がどうこうできる状況ではありませんから…。

 

まとめ

いかがでしょうか。

これを読んで頂ければお分かりになると思いますが、冷却期間を置けば良い。というわけではありません。

冷却期間にも当然デメリットはありますし、冷却期間はあくまで色々できる事の中の一つの手段に過ぎません。

ですから、復縁=冷却期間というように単純に考えないようにしましょう。

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。