元カノと復縁する為の冷却期間

元カノと復縁するための正しい冷却期間の置き方を解説します。元カノと別れて、復縁を目指している方は是非参考になさって下さいね。

 

女性は未練を残しにくい。

よく言われる話ですが、女性は未練を残しにくいです。特に、女性側が男性側を振った場合は、この傾向は顕著です。

ですから、元カノと復縁を目指す場合、自分に対して未練があるんじゃないか?というように期待しない方が良いです。

もう、俺のことなんかには興味が無いだろう。だからもう一度惚れさせてやる。というような姿勢からスタートしたほうが、確実です。

 

冷却期間、実はあまり意味はない。

冷却期間は、相手が男性の場合はなかなか有効的ですが、実は女性が相手の場合はあまり意味がないです。

これは、衝撃的に思える方が多いかもしれませんが、ファクトなのです。

女性の場合は時間が経過したからといって、相手に対する印象が変わったりしません。悪い印象が薄くなる。ということも余りありません。

女性と復縁する場合に大事なのは、期間ではなく、あなたの変化そのものなのです。

 

例えばケンカの仲直りを考えてみてください。

男性の場合は、期間を空けることで、怒りが治まる。ということは結構あります。逆に言えば、本当は許すべきなのに、すぐには許せない。という事もかなりあります。

女性の場合は、自分が欲しい言葉をかけてもらったり、自分が想定していなかったようなポジティブな情報を与えられると、スッと怒りが収まってしまうような事があります。これは、期間を空けようが空けまいが関係ありません。

 

男性は物事を時系列で考えて判断しますから、今許したらどう見られるか。というような事すら考えてしまいます。

女性の場合は物事を時系列で考えたりはあまりしません。その瞬間瞬間で判断しますから、時間の経過そのものが直接的に他者への評価を左右したりはしません。

 

変化や見せ方が大事。

さて、元カノと復縁する場合、冷却期間そのものはあまり意味が無いと申し上げました。

実際に大事なのは、冷却期間中にどの程度、あなたが変化し、あなたが余裕を持つことができるか。そしてそれによって、見せ方まで意識して元カノと接することが出来るか。ということです。

 

冷却期間はどれくらい必要か?

とは言っても、嫌われてしまっていたり、拒絶されてしまっている場合は、期間を空けない限りは、連絡を再開し普通に会えるようになるには時間が必要です。

また、拒絶や拒否の理由によっては、復縁自体が厳しい場合もあります。女性はハッキリしているので、無理な場合は何年経っても無理なのです。自分の場合復縁は無理なのかどうか不安な場合は、下記の相談から相談して頂ければと思います。

逆に言えば、拒否・拒絶さえされていなければ、冷却期間はどれくらいでも大丈夫です。

と言っても、別れた時と何も変わっていなければ、再接触しても復縁は無理です。

(元カノが新しい彼氏と付き合ったが、その彼氏が最悪な男性で、やっぱりあなたが良かった。というように思う場合もありますが、これは棚ぼた的なので期待しないほうが良いです。)

自分の変化・自信・別れの理由の改善度などから、総合的に判断しましょう。

 

まとめ

元カノと復縁を目指す場合、冷却期間そのものより、今の自分で会ったら惚れさせることが出来る。というような余裕が重要です。

逆に余裕がないのであれば、まだまだ努力が足りないと言えるでしょう。

絶対に見返してやる。という気持ちで、自分磨きを頑張りましょう。

 

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。