冷却期間を置いて元カレと復縁する為の5つのルール

冷却期間を置いて元カレと復縁するにはどうしたらいいか。注意点や必勝法をまとめましたので、これから冷却期間を置いて元彼と復縁しよう!と思っている方は、是非参考にして下さいね。

 

1、冷却期間は出来る限り短くする

冷却期間が長くなれば長くなるほど、元カレに新しい恋人ができる可能性は高まります。

ですから、冷却期間を出来る限り短くするよう努力をしましょう。

具体的に言えば、自分磨きのスピードアップ・駆け引きや見せ方の強化です。

詳しくは下記の記事を参考にして下さい。

冷却期間が短い場合でも復縁は可能です。

 

2、冷却期間に入る前にやることがある。

冷却期間の効果は、最後に会った時、もしくは最後に連絡を取り合った時の印象によって大きく変わります。

私は、復縁できるかどうかの半分は別れ際の対応で決まると伝え続けています。別れ際に良い印象を与えられるように、最善を尽くしましょう。

参考記事

その後の復縁を優位に進める別れのメール

冷却期間による相手の心理変化について

 

3、ポジティブに。

冷却期間を辛い、苦しい、そんな風に考えていては、いつになっても相手への未練や依存を払しょくすることは出来ません。

ネガティブで依存しがちな女の人を魅力的に感じる男性はいません。かまってちゃん的な発想からは脱出を。

冷却期間はポジティブに過ごすようにしましょう。

参考記事

冷却期間が辛いと感じる方へ

冷却期間が寂しい人、耐えられない人へ

 

4、冷却期間後、会って復縁するまでの想像を具体的に

イメージをするのはとても大事です。目標を達成する姿が想像できないということは、それは今の冷却期間の過ごし方が間違っているということです。

完成図が想像できないまま、絵を描けばうまく描くことは出来ないでしょう。

それと同じなのです。

冷却期間の後に、元カレにメールや電話をして、食事や喫茶に誘って、実際に会って、元カレが私に惚れて復縁するまでの流れを具体的に想像しましょう。

この想像を元に、今やらなければいけないことを明確化、細分化していくことが大事です。

参考記事

私が別れた彼とメールで復縁した話

冷却期間二ヶ月で復縁したMさんの話

冷却期間半年の復縁計画

 

5、会ったら復縁まで1ヶ月以内を目指す。そのつもりで。

感情は長続きしません。いずれ飽きてしまいます。

冷却期間後に会った場合、1ヶ月以内に復縁をするくらいのつもりでやらないと、飽きられてしまったりマンネリを起こしてしまうことも。

復縁を成功させる為に必要なデートの回数

でも、お伝えしていますが、再会後はスピード勝負になります。

冷却期間を終えたら、即座に復縁が成功する。

その為には私には今、何が出来るのか。何をしなければいけないのか。ということを明確化しましょう。

また、相手から連絡が来た場合、即行動が基本です。いつ元カレから連絡が来ても良いように、普段から悔いが残らないように自分磨きをしましょう。

参考記事

冷却期間にメールがきたら即行動すべし!

 

まとめ

いかがでしょうか。

元彼との復縁を目指す場合は今回ご紹介した5つを必ず守って、最短コースで復縁できるよう有意義に冷却期間を過ごせるようにしましょう。

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。