復縁したい相手とのメールの最後ってどうするべきか。

復縁したい相手とメールをしているんだけど、メールの最後ってどうすればいいんだろうか。こんな風に悩むことってありませんか?

自分からメールを終わらせていいものなのか。それとも相手がメールを終わらせるまでメールをするべきなのか。いつメールを終わらせるのがいいか。などなどの悩みをズバリ解決します。

 

メールは自分から終わらせるべし。

いきなり結論から。

メールは自分から終わらせるべきです。

理由は様々ですが、最も代表的な理由は、

メールを終わらせたほうが寂しくなく、メールを終わらせれたほうは寂しい。ということ。

復縁を目指す場合、相手をどれだけ欲求不満に出来るか、それによってあなたを追いかけさせることが出来るかって事が大事なので、メールは自分から終わらせるべきなんです。

逆に、相手が「そろそろ寝るからまたねー。」というように言った場合、あなたは寂しくなりますが相手は寂しさを感じることはないでしょうから、復縁にとってはいまいちです。

また、話題をコントロール出来る。という利点もあります。

相手がメールを終わらせた場合、話していた話題も終わり。というような形になるでしょう。でも、自分からメールを終わらせた場合は、翌日や翌々日などに再度メールを送る事で、その話題の続きを話す事が出来るでしょう。

もう一つ言ってしまえば、相手の感情をコントロールする。相手に追いかけさせる。ということは、相手のペースには乗らない。こちらのペースに相手を乗らせる。ということですから、

例えば最も会話が盛り上がっている時にメールを終わらせてしまうなど、相手のペースを乱す事も時には必要です。

常に相手がメールを終わらせるまで、メールに付き合っているのは、この逆。相手にとって都合の良い存在で、相手を常に追いかける人になってしまいます。

これでは相手の感情を揺らすことは出来ません。

以上のことから、メールを終わらせるのは自分からがベストです。

 

いつメールを終わらせるのがベストか?

メールを終わらせるのは、どうでもいいような世間話で盛り上がっている時がベストです。

いわゆる与太話ですね。

逆に真剣な話や、こちらが相手に対して質問をしてそれに対して答えて頂いている時なんかは、メールをこちらから終わらせるのは失礼に当たり場合があり注意が必要です。

そうではなく、友達同士のバカ話、世間話のようなラフな雰囲気の話題で、会話が盛り上がっている時にメールを終わらせるのが良いでしょう。

盛り上がっている時が最もあなたとの会話を欲している、刺激的に感じている時なので、この時にメールを終わらせることで、相手の寂しさやあなたと話したいという欲求を大きくすることが出来るでしょう。

 

どんな風にメールを終わらせるべきか?

メールを終わらせる方法は、

返事をしない。理由をつけてメールを終わらせる。等々色々ありますが、

基本は

「恋人同士だった時では考えられないような理由で終わらせる」がベスト。

例えば、「これから友達と電話するからまたねー」とか「お風呂はいるからじゃあねー。」とかそんな感じですね。

明確に付き合っていないから出来ないこと。という線引が出来ますし、相手は「俺との会話ってお前にとっては優先順位は風呂以下なのね」というように、自分の立ち位置を実感しますから、追いかけさせやすい関係性を作るのに役立ちます。

 

まとめ

いかがでしょうか。

復縁のメールは、今までと同じようにしていてはダメです。

必ず変化を感じさせなければいけません。今回のような方法で、別れているから寂しい。付き合っていれば寂しくない。という分かりやすい選択肢を相手に与えることが出来れば、復縁はグッと近づくでしょう。

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。