別れさせると簡単になる復縁

例えば、相手に新しい彼女や彼氏が居る場合、別れるのを待つっていう場合が多いと思いますが、別れさせるっていう視点で行動した方が良いです。復縁は、自分の手で掴むものですから、もっと攻めていかなきゃダメです。今回は、戦略的に復縁を成功させるための駆け引きや、別れさせる技術など、詳しく解説していきます。

復縁は、待つんじゃない。攻めなきゃダメ。

例えば、冷却期間一つとっても意識の差で全然違います。

もう、何も出来ないから冷却期間を置こう。っていう消極的な考え方と、

冷却期間を置くことで、相手の心理をこう変えていくんだ。というような積極的な考え方では、冷却期間の過ごし方も、そこから生み出される戦略も全く違ってきます。

そりゃあそうですよね。

サッカーで言えば、

相手が強すぎて、守るしかないから守る。

ではなく

いくら相手が強くても、きっちり守ることで、必ず相手に隙が生まれる。その隙を見逃さない。

だったら、後者のほうが勝てそうですよね。実際に勝つのは後者です。

 

復縁の場合、どうしても受け身だったり消極的な発想になりがちですが、それじゃあダメです。今の状況を悲観しすぎずに、ポジティブに前向きに捉えていかなければいけません。

 

別れさせる。そんなことが出来るの?

別れさせる。これ、出来ます。

色々な方法があるので、今回は1つだけ紹介しますが、

コツとしては、まずは相手の今の彼女や彼氏と同じ土俵に乗ること。

つまり、ドキドキや嫉妬という感情が生まれるような存在になること。

彼氏や彼女がいたって、嫉妬やドキドキはします。ですから、それをさせられるかどうかが重要。

嫉妬やドキドキはシチュエーション次第でいくらでも作ることが出来ます。

良く、探偵が使う方法としては、自分と、彼と、協力者の男の3人で会うようなシチュエーションで、協力者の男が自分をすごく罵倒するんです。

元カノだと言っても元々は自分の彼女だったわけですから、必ず自分のモノだ。というようなおごりがありますから、協力者の男が「自分がいちばんお前のことを分かってる」というよなテイで、あなたのことを罵倒するのを見ると、嫉妬や怒りがこみ上げてきます。

 

別に第三者の男性がいなくとも、第三者の男性を匂わすだけでも、こういった心理的な駆け引きは可能です。

嫉妬やドキドキという感情を芽生えさせることが出来れば、今の彼女や彼氏と同じ土俵に乗ることが出来るのです。そして、同じ土俵に乗ったら、後は、天秤の上の勝負に勝てばいいのです。

 

攻めの姿勢で、復縁はグッと簡単になる。

今回は、別れさせる。という状況を例に出していますが、戦略的に攻めの姿勢で復縁を進めることで、復縁はグッと近づいていきます。

例えば、

相手が感情が揺れ易い人であれば、駆け引きをガンガン使うべきですし、

逆に、感情が揺れにくいマイペースな人であれば、駆け引きは使わずに、趣味友達的なポジションでじっくり信頼を回復していく方法を取るべきですし、

というように、相手の性格を元に最も適切な復縁の方法を考えるべきです。

戦略というのは、現在の状況、今までの状況、相手の性格、自分と相手の関係性など、様々な要素を鑑みて立てるものです。

喧嘩別れだから冷却期間を置く。

というような事ではなく、

喧嘩別れで、今の彼は私に対してこういう印象を持っていて、相手の性格はこんな感じだから、冷却期間を置く。

というように、様々な要素から正しい方法を導く事が重要なのです。

 

どうしていいかわからない場合は?

しかし、自分一人だとどうしていいか分からない事が多々あるでしょう。

どうしても主観的になりすぎてしまって、相手が自分に対してどういう印象をもっているのか、今の状況が脈アリなのか脈アリではないのか、どうすれば復縁は前進するのか。など、客観的に考えるのが難しいと思います。

迷っているのであれば、専門家に相談するべきです。

下記から、今の状況を詳しくメールで送って頂ければ、あなたがこれからどうすれば復縁が成功に近づくかを無料で回答しますので、是非ご利用下さいね。

 

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。