復縁の電話のきっかけ5選

冷却期間空けにメールをしたんだけど、会うところまでいかない。というような場合は電話をして話してしまったほうが、状況は進展させやすかったりします。そりゃあそうですよね。メールより電話のほうが感情を揺らしやすいわけですから。

さて、今回は、電話をするきっかけを5つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

1、メールで話すと長くなるから電話で

これが最もポピュラーな方法で、僕も推奨することが多いです。

例えば、質問メールに返事が返ってきて、追加で質問をするような場合、メールだと長くなるからっていうような理由で電話しちゃえばOKです。

予め「メールだと長くなるから仕事終わった頃に電話するねー」というように、了承を得たほうがいいか。というような質問を追加で頂くことも多いですが、

質問をする相手が、元カレや元カノではなく、他の友人に対してだったらあなたはどうするか。という事を基準に考えて欲しいです。

そもそも、メールだと長くなるっていう理由で電話をするのに、その了承を得るためのメールの往復に時間かけてたら本末転倒ですから、その辺り、「相手に手間をかけない」という観点から冷静に考えましょう。

 

2、いきなり電話

これも僕は結構な頻度でオススメしています。

いきなり電話はみなさん結構ビビっちゃうんですけど、実際は問題になるケースって殆どないです。

出なかったら、「ごめん。ほにゃららの事について聞きたいことがあったから電話しましたー。」というような感じで、メールでフォローすればいいだけの話です。

 

3、メールで盛り上がったタイミングで電話

よくあるのは、冷却期間空けの最初のメール。

この時ってお互いに久々で会話が盛り上がることが結構有ります。

これってすごくチャンスなので、メールだけで終わらせてしまうのはすごく勿体ないです。

メールで盛り上がっているということは、あなたに対して好意的で興味や感心がある証拠ですから、電話をすれば基本的には対応してもらえますし、更に会話は盛り上がります。

参考記事:冷却期間後にどんな連絡をするべきかノウハウまとめ

 

4、明らかにメールだと説明が面倒くさいことを聞く

1にも近いですが、例えば道を聞いたり、パソコンのエラーに関する解決策を聞いたり、というようなメールだと説明が面倒な事を聞く場合、電話をしてしまうと不自然さがなく、相手も了承してくれるパターンが多いです。

ただし、面倒な質問であればあるほど、質問をした時点で相手がイマイチな対応をすることがありますので、用件は言わずに2のようにいきなり電話をしてしまったほうが良いでしょう。

 

5、ワン切り、折り返し作戦。

相手に、何か確認をしてもらうような場合、「分かったらワン切りして!折り返すよー!」というように予め伝えておくことで、電話に誘導するというような方法です。

相手としては、メールを打つ手間が省けるので、メールよりも電話のほうが楽だし好きだ。というような男性に対しては効果的だと言えます。

 

まとめ

電話をするか否かは、結局のところはあなたの勇気次第だったりします。

電話をしたら、一気に距離が縮まった。メールをしていても会う話にはならなかったのに、電話をしたら誘ってもらえた。もっと早く電話してればよかったあ。というような報告を相当数頂いていますので、

メールから進展しないというような方は勇気を出して電話をしてみると良いと思います。

また冷却期間明けの連絡の時は、会話が盛り上がって電話をするチャンスになりやすいので、このチャンスを逃さないようにしましょう。

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。

こちらの記事もオススメ