冷却期間の期間の見極め方

冷却期間を置こう!そう思っても実際どれくらい置けばいいか迷う所。そこで、冷却期間をどのくらいの期間置けばいいのか、その考え方をご紹介します。

冷却期間の狙いをおさらい。

まず、冷却期間の狙いをおさらいします。

冷却期間の狙いは、大きく別けて2つ。

一つは、相手と普通に会話が出来るようになるために、あなたへの悪い印象を忘れさせる期間

もう一つは、あなたが成長し相手を幸せに出来る人に変わる期間です。

 

冷却期間の期間の決め方

この2つの冷却期間の狙いを両方満たすことの出来る期間を設定すれば良いのです。

相手との関係性が良好であれば、後者を中心に考え、

相手との関係性が微妙であれば、前者を中心に考えると、期間の設定がしやすいでしょう。

 

別れた後の関係性が良好で、連絡をしても拒絶をされないような状況であれば、別れの原因や相手をドキドキさせる為に何が必要かを考え、ひたすら自分磨き。

別れた後の関係性が良くない場合は、相手からの嫌悪感や、警戒心を払しょくするためにどれくらいの期間が必要かを考えて下さい。

 

冷却期間の期間の目安を考える。

とはいっても、冷却期間をどの程度置けばいいかは、難しいところ。

そこで、冷却期間の目安を決める上で参考になる記事をまとめました。

冷却期間が一週間でOKな場合

冷却期間が一ヶ月で良い場合

冷却期間が一年は必要な場合

遠距離恋愛の場合の復縁の冷却期間

冷却期間がいらない復縁方法

 

まとめ

いかがでしょうか。

冷却期間の期間をどれくらい欲しいかを迷っている場合は、最初に紹介した2つの要素をどういったプロセスで満たしていくか。その為にどの程度の時間が必要か。ということを総合的に判断して決めてしまいましょう。

全然わからない場合は、半年程度置けばとりあえずはOKだと言えます。相手に連絡をしてみて、拒否されなければそのまま復縁活動を続けていく。

拒否されてしまえば、再度半年程度は冷却期間を置く。というようなやり方になるでしょう。

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。