冷却期間を不要にする為にすること。

必要だとは思うんだけど、冷却期間を置くのは出来る限り避けたい。そういう方は多いのではないでしょうか。そこで、今回は冷却期間を不要にするためにすることを解説します。

冷却期間を不要にするのは可能

冷却期間を不要にしてしまうことは、ぶっちゃけ可能です。

冷却期間の目的は、冷却期間の効果まとめでや復縁を成功させる冷却期間の置き方でご紹介しているように、私の悪い部分、ネガティブな印象を忘れさせることと、自分自身が落ち着き、成長して、その変化によって再び相手に好きになってもらうためです。

この印象を忘れさせる。については、駆け引きや見せ方を工夫することで、印象を変えることが可能ですし、自分自身の成長については、意識付けや分かりやすい変化を意識することによって、ある程度フォローすることが出来ます。

冷却期間が長くなれば、相手に恋人が出来たり結婚してしまうなんていうリスクは高まりますし、冷却期間はそこまで万能なものではないので、冷却期間を短くしよう。とか、冷却期間を無くしてしまおう。というような発想をすることは、とても大事なことです。

下記の記事を読むと、冷却期間を短くしたり、無くすこととはどんなことなのかを理解することが出来ると思います。

冷却期間二ヶ月で復縁したMさんの話

冷却期間を置いて失敗した例

冷却期間がいらない復縁方法

悪い印象を変えるには?

別れてしまった。振られてしまった。ということは、あなたに対してネガティブな印象がある。もしくはドキドキする、一緒にいて心地よいというようなネガティブな印象を感じさせることが出来なくなっている。と言えます。

通常は、冷却期間を置くことで、この悪い印象を忘れさせるわけですが、

別れた後「一切の未練を見せない。感じさせない。」「馴れ合わない。」「完全に他人のように対応する。」というような、割り切った態度で接し、自分の悪い部分を一切見せない。むしろ悪い要素の真逆の特徴やキャラクターを意識して接するべきです。

今までの態度や雰囲気との差が大きければ大きいほど、変化を感じさせることができます。

これによって、印象を変えていきます。

駆け引きを意識する。多用する。

冷却期間を不要にしたいのであれば、駆け引きを強く意識することが大事です。

駆け引きとは、相手の既成概念や思い込みを裏切ることです。

きっとあなたはまだ俺に対して未練があるはず。

というような、思い込みを裏切ることによって、相手の嫉妬心や執着心を煽る。

きっと、まだ話したいとか帰りたくないとか言うんだろうなあ。

というような相手の想像を裏切って、バサッと帰ることで、未練を払拭する。

依存が原因で別れたので、相手は私のことを依存する女だと思っているはず。だから、江角マキコのような誰にも頼らず誰にも甘えない、自立した女に思われるような態度を意識して、原因の印象を払拭していく。

というように、相手の自分に対する印象や思い込みを、裏切ることで、印象を変え、なおかつ相手の独占欲や嫉妬心を煽り、未練を大きくし、恋愛感情をこちらに向ける事を意識すること。つまりは駆け引きのような考え方がとても大切です。

まとめ

冷却期間を不要にすることは、可能です。

また、今回紹介した考え方は、冷却期間を置いた場合でも大事な視点です。

相手の気持を変える。為には、まずは自分が変わることが大事です。期間を空けるだけでは、実際は相手の気持を変えるキッカケにはなっても、それだけでは変わりませんから。

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。