復縁を成功させている人の冷却期間の平均は、5ヶ月

タイトルを読んだ方は、意外に短い!そう思った方も多いかもしれませんが、平均は5ヶ月なんですよね。その理由を解説します。

復縁は二極化

復縁を実際に成功されている人のデータをとると、見事に二極化しています。

それは、

 

すぐ復縁できる人

長い時間かけて復縁が出来た人

の二極化です。

 

すぐ復縁できる人の多くは、別れた後に相手から連絡があったり都合の良い関係になっていたりなど、相手の中にあなたへの未練があった場合です。

この場合は、線引き・駆け引き・見せ方の工夫などによって、比較的容易に復縁が出来ます。

また、復縁が出来そうなので、復縁したい側も諦めることがないのです。

 

しかし、他方で諦めずに長期間の冷却期間に耐えて、復縁を成功させる方もいます。

 

絶対数の多い短期間で復縁を成功させられた方に引きづられて、平均はかなり短いものになっています。

 

冷却期間の平均を聞かれることがけっこうあるのですが、この平均値というのは、あまり参考にならない。というのが私の見解です。

 

自分に合った冷却期間を決めましょう。

簡単にいえば、相手に自分に対する未練がありそうだな。と別れ際に感じた場合は、冷却期間は3ヶ月〜半年程度が基準になりますし、

相手は全く私に対して未練はなさそうだ。と感じた場合は、冷却期間は1年程度は必要でしょう。

相手に嫌われてしまったり嫌悪感を持たれている場合は2年くらい必要でしょう。

結局は、自分の状況や相手の性格から適切な期間を考えるしかありませんから、平均に囚われずに、自らの力で考える。もしくは専門家にバシッと教えてもらうのが良いかと思います。

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。