復縁でメールが返ってこない場合の処方箋

元カノにメールをしたのに返事がない。元カレからメールを無視されている。こんな場合にどうすればいいのか。ということを解説します。

 

そもそも返信を期待すべきではない場合

相手があなたの未練に対して不快感や警戒心を抱いている時は、メールの返信を貰える事はありません。

むしろメールを送ることで相手があなたへの不信感を更に強めてしまうでしょう。

傷口に塩を塗ってしまうようなものですから、まずは元カレや元カノがあなたに抱いている不快感や警戒心の元を無くす必要があります。

ずばり、それは、あなたの未練です。

相手があなたの未練を警戒しなくなれば、やっと返信を貰うことが可能となります。

未練への警戒心を解くには様々な方法があります。一部を紹介します。

 

・相手に対し、友達以下の優先順位で対応していく。

・冷却期間を置く。

・今まで何度もメールを無視されているような場合は、諦める事と感謝をメールで伝えて冷却期間。

 

もともと相手がメールの返事をしたりしなかったりの気まぐれな方の場合。

こういう相手の場合は、返事が返ってこないことを過度に気にする必要はありません。

返信が来ない理由は

メールの内容が特に返事をする必要性のない、構ってちゃん的な内容であった為に、相手が返信をしなくていいと判断してしまった。

もしくは、

相手の気分が優れておらずメールを無視している。

こんな所でしょう。

期間を空けて、内容を改めて再チャレンジしましょう。

 

あなたの送ったメールの内容が悪い場合

返信が来ない理由のナンバー1はこれ。

メールの内容が悪いと返事を貰えない事が多々あります。

メールの返信を確実に貰いたい場合は、下記の条件をできる限り満たす必要があります。

 

1、重要性

そのメールが重要であること。重要な用件でなければスルーされる可能性は高まります。「○○だったよね?」というような、付加疑問文のメールの返信率が低いのはこの理由からです。

2、限定性

このメールの返信は相手にしか出来ない。メールを送った相手しかその質問に答えることは出来ない。というようなメールは返信率が高いです。逆に、検索すれば分かるような事であったり、他の人でも答えられるような質問の場合は返信率は低いです。また、未練も伝わりやすいです。

3、明確性

質問の内容、メールの用件が分かりやすいメール、簡潔なメールのほうが返信を貰いやすいです。例えば、メールの中に質問が沢山あったり、なぜこの質問をしてきたのか分からないような内容の場合、返信を貰いにくいと言えます。

 

まとめ

メールが返ってこない場合、まずはなぜ返ってこないのかの原因を突き止めること。大体のケースで今回ご紹介した3つのケースのうちのどれかですから、この中からどれが原因なのかをはっきりさせた上で、適切な対応、処方を行うようにしましょう。

 

メールの返信がないから。とテンパッてしまう気持ちは分かりますが、それは相手に執着し過ぎていて冷静になることが出来ていない証拠です。

復縁をする為には、堂々として自信満々でいることが大事ですから、動揺しすぎているなあ。と感じる場合はまずは落ち着くために、気持ちの整理をしましょう。

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。