冷却期間半年置いた後の復縁メール

冷却期間を半年置いた場合は、どんなメールを送ればいいでしょうか。というご質問を頂きましたので、今回は冷却期間を半年置いた後の復縁メールについて解説します。

半年では、あなたの事を忘れていない。

半年程度では、元カレや元カノはあなたの存在を忘れてはいません。

別れ際にあなたに対する悪い印象があったとすれば、その印象を完全には払拭は出来ていないような期間だと言えるでしょう。

当然、あなたの未練が伝わってしまえば、相手は警戒します。また、些細な事であなたの未練が伝わったり、過剰に警戒されてしまう事もあり得ます。

ですから、半年程度の冷却期間の場合は、「未練」が伝わりにくいメール内容を選択する必要があります。

 

どんなメールを送れば良いか?

詳しくは、

沈黙後の復縁メール

最初の復縁メールは忘れ物の受け渡しメールがベスト

この辺りの記事を読んで頂ければと思いますが、事務的な内容であればあるほど良いです。

最初のメールの内容で警戒されず、普通にやり取りさえ出来てしまえば、コッチのものです。

一度普通に会話が出来れば、直接的な表現や寂しがったりかまってちゃん的な対応をしなければ、相手の警戒心は高まることはまずありません。

ですから、最初のメールで普通に会話が成立すれば、相手に新しいパートナーが居ない限りは、会うまではスムーズにいきます。

 

何を目的にメールをするべきか。

最初のメールは、久々のやり取りが出来れば何でもいいのです。普通に話した。という実績を作ることが大事です。

その後は、流れで電話で話す、または食事に誘う。というような形が作れると最高です。

久々の連絡ですから、この時が最もお互いにテンションが上がりやすいので、相手の反応が悪くなければ、積極的にいって構いません。

逆に、最初のメールのやり取りから日にちが経った後に改めて食事なんかに誘った場合、相手の気持ちが冷めてしまっている事がありますから、

鉄は熱いうちに打てではないですが、連絡再開から、会うまでのスピード感は非常に大事なのです。

ただ、相手の反応があまり良くない時は、グイグイいってしまうと警戒心を高めてしまい、冷却期間の意味が無くなってしまった。なんてことになることも。

ですから、相手の反応に合わせて、冷静に対応していきましょう。

 

まとめ

別れ際に険悪になっていなければ、冷却期間は半年で十分です。

ただ、久々の連絡であなたの未練を警戒されてしまえば、元も子もありませんから、そこだけ注意していただきたいです。

逆に言えば、未練さえ感じさせなければ、会うところまでは大体のケースで出来ますから、連絡を再開するときは、どうやって誘うのか。会って何をするか。会ってあなたの変化を感じさせられ、相手の感情を揺さぶることができるのか。

というところまでワンパッケージでシュミレーションしておきましょう。

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。