復縁をメールやLINEで失敗しない為に気をつける3つのこと

復縁を進める上で、一番して欲しくない失敗は「メール」や「LINE」での失敗です。

LINEやメールで復縁が難しくなってしまうのはとても勿体無いです。失敗する多くのケースは、別れた直後のLINEでの失敗、もしくは冷却期間明けの1通目のLINEです。

あの1通のLINEさえしなければ、彼との関係がここまで悪くならなかったのに。そんな風に後悔する人もとても多いです。

メールやLINEで復縁を失敗しないために、この記事で復縁をメールやLINEで失敗しないために、押さえるべきポイントをご紹介しますので、よかったら読んでみてください。

1、自分のために送るメールやLINEは復縁を遠ざける

復縁は元カレや元カノの目線に立って考え、「元カレや元カノの心を動かし、再びこちらに引き寄せる」ことが最終目標です。

ですが、別れの直後は不安や寂しさから、付き合っている頃と同じように、メールやLINEをしてしまう方が多いです。

例えば、「何してる?」とか「ご飯行かない?」とか「LINEしないほうがいい?」など。

こういった内容は、自分のために送るメールです。自分の寂しさをなんとかしたくて元カレや元カノに頼ろうとしているわけですね。

これを送ると、元カレにあなたの未練を感じさせてしまいます。未練を感じたら彼はどう思うでしょうか。

「別れを納得してもらえていないんだな。」「別れを納得させないといけないな。」そんな風に思わせてしまいます。

(稀に、「未練を利用しようとする男性」もいますが、これは例外なので今回は除きます。)

相手がとる行動は、冷たくすることで諦めろ。というメッセージを送る。です。

こういった内容のLINEが来てしまうとこれ以上どうしようもなくなってしまいます。冷却期間を置いても、最後の印象が悪いので無視やそっけない対応をされやすいです。

また、別れた後は、相手もあなたを失った喪失感から、あなたへの未練を感じることもあります。

未練を感じている相手に、「何してる?」というような付き合っている頃と同じような内容のLINEをしたらどう思わせるでしょうか。喜ぶでしょうか?やり直したいな。と感じるでしょうか?

実際は、「冷静にさせてしまいあなたへの未練がどんどんなくなっていく。」だけ。

ダメだダメだ。別れたんだから、期待させちゃいけない。こんな風に冷静にさせてしまいます。冷静にされてしまうことで、あなたに会えなくて寂しいなあ。とか良い余韻を感じさせることができなくなってしまうのです。

メールやラインで失敗しないために、別れた後に未練が伝わるような、付き合っている時と同じような内容のメールは送らないようにしましょう。

2、LINEで復縁が進む人、進まない人を見極める

LINEやメールで復縁が進む相手と、進まない相手がいます。

見極め方は簡単。マメでいろんな人と連絡を取るのが好きな人。

こういう人は、LINEで気持ちのやり取りができる人。楽しい、嬉しい、そう言った気持ちのやり取りができる人です。

関係をLINEで深めることができます。会った後にLINEで更に盛り上がる。こういったことができたら復縁はもうすぐという感じです。

逆に、マメではなく事務的なメールしかしない人。

こういう人は、LINEでやり取りをしても気持ちを変えていくことはできませんし、連絡をしすぎると重くなってしまい復縁したいという気持ちを萎えさせてしまって復縁が失敗してしまうことも。

LINEはあくまで事務的な内容の連絡をするツールと割り切って、会った時に関係を深められるように気をつけましょう。

3、失敗しやすい冷却期間明けのメールやLINE

冷却期間明けのメールやLINEに返事が返ってこなかったり、既読無視されると最悪です。

せっかく自分磨きをして、変わった自分をアピールするんだ。そう意気込んでいたのに、意気消沈。絶望してしまいます。

冷却期間明けのメールやLINEでよくある失敗は

・いきなり誘う。すぐ誘う。

→いきなり誘ったり、すぐ誘ってしまって、相手が引いてしまうことがあります。

特に、別れの際に険悪であったり気まずくなっていると、いまさら会っても気まずい。そう思わせてしまうので、いきなり誘ってはだめです。まずは気まずさをなくせるよう、普通に会話することを目標にして、普通に会話ができるようになってから誘うようにしましょう。

・余裕がない

→LINEのやり取りに余裕がないと、未練を警戒されてしまい、良い返事がもらえないことも。

別れ際の関係が良好であれば良いですが、そうでない場合は要注意。

LINEが既読になっても返事がないことに焦ってもう一回連絡をしてしまうなど、余裕がなさすぎるのは最悪ですし、

事務的な内容でLINEをするときも、忙しかったらスルーしてもらっても大丈夫。

こんな風に余裕を見せるようにするなど、自分が相手に執着していないよ。ということが伝わるよう意識するようにしましょう。

まとめ

ここまで読んでいただけたらわかると思いますが、

メールやLINEが失敗しやすいかどうかは、別れの際の印象で決まってしまいます。

別れた直後であれば、印象を最大限によくすることができ、その後のLINEで失敗しにくい状態を作れますので、下記の記事を読んで良い状態にするための方法を学んでくださいね。

LINEの連絡で元カレとの復縁の確率を飛躍的に高める方法

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。